日本では凶悪事件も少年犯罪も低減中。「有害情報」も「治安悪化」も全てウソ。だまされないで!


by kitaharak

<   2010年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

◆死体遺棄容疑で高3女子逮捕 産んだばかりの乳児側溝に (共同通信)

 兵庫県警は1日、自分が産んだ乳児の遺体を道路の側溝に捨てたとして、死体遺棄容疑で、神戸市北区の高校3年の女子生徒(18)を逮捕した。逮捕容疑は、7月13日から26日にかけて、乳児の遺体を側溝に遺棄した疑い。容疑を認めているという。県警によると、7月26日夕、帰宅途中の中学生らが紙袋に入った遺体を発見。遺体は紙袋内でさらにポリ袋に入れられ、生後数日とみられる裸の男の子だった。

[ 2010年8月1日14時52分 ]


◆1歳女児、母親らに木箱に詰められ窒息死 (読売新聞)

 神奈川県警港北署は24日、横浜市港北区箕輪町、板金工駒場宣武容疑者(37)と、同居する無職渡辺幸子容疑者(21)を監禁致死容疑で逮捕した。

 発表によると、両容疑者は昨年12月18~19日、自宅で幸子容疑者の次女優樹菜ちゃん(当時1歳2か月)を木箱の中に入れ、ふたをして外に出られない状態にして放置し、酸素不足で窒息死させた疑い。両容疑者は容疑を認めており、「夜泣きをするので、普段から箱の中に入れていた」などと供述しているという。

 同署幹部によると、優樹菜ちゃんは駒場容疑者らと5人暮らしだった。木箱は駒場容疑者が作ったといい、縦78センチ、横37センチ、高さ55センチ。優樹菜ちゃんがやっと入れる大きさで、下には車輪がついていた。同署は、両容疑者から任意で事情を聞いていたが、当時の状況や供述などから容疑が固まったとして逮捕に踏み切った。

(2010年7月24日12時47分)


◆大阪2児遺体、23歳母「世話嫌になり家を出た」(読売新聞)

 大阪市西区南堀江1のマンションに男女2人の幼児の遺体が放置されていた事件で、大阪府警捜査1課と西署は30日、母親の風俗店従業員下村早苗容疑者(23)を死体遺棄容疑で逮捕した。

 下村容疑者は容疑を認め、「子供の世話が嫌になり、いなければよかったと思い、2人を残して家を出た」と供述している。府警は下村容疑者がネグレクト(育児放棄)の末に2人を死なせたとみて、殺人や保護責任者遺棄致死容疑での立件を検討する。

 発表によると、下村容疑者は6月下旬、自宅マンションに長女の桜子ちゃん(3)と長男の楓(かえで)ちゃん(1)を置き去りにし家を出て、数日後に帰宅した際、2人が死んでいるのを確認したが、そのまま遺体を放置し、遺棄した疑い。

 司法解剖の結果、2人は死後約1~2か月で、死亡直前数日間は何も食べていなかったとみられる。死因は特定できなかったが、いずれも栄養不足状態だった。

 下村容疑者は「ご飯をあげたり、風呂に入れたりするのが嫌になった。ご飯も水も与えず、子供たちだけで生きてはいけないことはわかっていた。『助けてやらなければ』という気にはならなかった。(置き去りにしてから)1週間後には死んでいるかもしれないと思った」と話しているという。

 下村容疑者は勤務先の同僚男性に携帯電話で呼び出され、30日午後、待ち合わせ場所に現れたところを捜査員に任意同行された。

(2010年7月30日22時23分)



〓本日のぬこ動画。〓

ついでにうさぎも育ててる母ネコ
(このカテゴリだと皮肉になっちゃうな…)
[PR]
by kitaharak | 2010-08-06 09:00 | 幼児殺人