日本では凶悪事件も少年犯罪も低減中。「有害情報」も「治安悪化」も全てウソ。だまされないで!


by kitaharak

<   2008年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

毎日新聞英語版サイト 「変態ニュース」を世界発信(ライブドアニュース)

 毎日新聞英語版“Mainichi Daily News WAIWAI”が、日本の代表的大手一般紙の伝える真実として、10年間に渡り世界に発信していた日本発ニュースのうちの1本が、これ。

 『防衛省は‘ロリータ’マンガキャラクターを使って内部を明らかにする』
 "Defense Ministry turns to 'Lolita' manga character to reveal inner self"
 「かつてパールハーバーと南京大虐殺(レイプ・オブ・ナンキン)を起こした日本政府が、ペドフィル(児童性愛者)向けのロリコンマンガを作ってオタクを自衛隊にひきつけようとしている」

 は…? 防衛省がペドファイル漫画を発行してロリコンを勧誘?あ?……あ???

 んで、その記事によると防衛省発行の児童性愛者向けキャラ《ピクルス王子とパセリちゃん》なるロリータ漫画とは、これのことなんだそうです。
c0147345_12565744.gif

NEWS @ POOさんより)

 いいがかりというか、捏造の範囲を超え、もはや国辱的誹謗中傷も甚だしく、慙愧に耐えがたい憤怒心頭。なんなんだ一体。

 他、

 “日本では幼稚園児の売春婦も珍しくない”
 “日本の漁師は例外なく海でマンタとセックスをしている”
 “幼児ポルノの販売とその売人が日本の街を占領”
 “日本では風俗寿司店が流行中、40分2人前ペロリ”
 “日本の主婦の間ではコインシャワーで売春がトレンド”
 “六本木のレストランで日本人は食材の生きたブタを獣姦してから調理”

 ………なんだよこれ!なんなんだよ一体!!!

 こんな酸鼻極まりない俗悪ニュースを、毎日新聞海外版は、全世界に向け、“大手新聞社の信憑性の高い真実”として(日本でいう朝日新聞とか産経新聞とか中日新聞とかのお堅い新聞社のヘッドラインと同等記事として)、10年間も!世界に垂れ流し続けてた!?!?!? は?????

 じゃあ、海外からことあるごとに“日本は児童ポルノ大国”と叩かれる風評の発信源は、ここだったのか!毎日新聞か!
 “日本のポルノや漫画が海外から批判を受けている”とかサブカルチャーを糾弾したり、アニメ・ゲームバッシング記事を散々繰り返し掲載し続けている毎日が!?
 あらかじめ自社の英語版記事から?オーストラリア人が執筆して在日に編集させた国辱的大嘘・放言を世界に吹聴して?日本を10年がかりで陥れてた?自作自演で!?!?!?えぇえぇぇぇぇぇぇぇぇ!?!?!?!?!?

 そんな訳で、毎日新聞をとっているご家庭の方。今すぐ解約して下さい。是非、あなた個人のレベルでも良いので、毎日新聞反対運動・不買運動を広めて下さい。

 以下、ことの顛末・詳細がウィキとしてまとめられています。外国で日本人旅行者がレイプされたり、記事を読んだ外国人がレイプ遊び目的に入国している危険性も指摘されています。
 一方、“在日”が上層を占める毎日新聞側は今回の事件について記事削除に腐心、証拠隠滅奔走、隠ぺい工作で証拠つぶすつぶす。あぁ、いつの時代も本当の巨悪は正義として君臨しているものなのだな……。

毎日新聞問題の情報集積wiki
毎日新聞の英語版サイトがひどすぎるまとめ@wiki
[PR]
by kitaharak | 2008-06-27 13:13 | マスメディア

嘘エコ暴き

 反エコ運動について是が非でもは展開したい半面、当方は表現規制反対運動で手一杯な上、嘘エコジャンルについてはまだまだ全く勉強不足です。でも興味深い記事や論文、サイトもたまってきたので、ここでメモ代わりの整理を。

 尚、珍しく中日新聞がエコロジーの利権とウソを暴く記事を掲載していますが、こちらがよりすぐって抽出したにすぎず、本当はエコロジー妄信べったり記事の方が圧倒的に多いです。関連書籍についてはアフィリエイトやってないからアマゾンとかのリンクはのせないにょーだ。

■嘘エコ暴き記事そにょいち ~温暖化論のウソ~

※中日新聞記事 BOOKナビサイエンスより転記。日付は失念

 洞爺湖サミットを間近に控え、大半のマスコミは人為的地球温暖化の恐怖を煽ることに余念が無いが、私も含め疑問を感じている科学者も少なからずいる。

~温暖化論のウソ~

 『地球温暖化論のウソとワナ/伊藤公紀・渡辺正(KKベストセラーズ)』は最新のデータを駆使して、温暖化の論議は一種の「環境テロリズム」だと断じている。「温暖化して本当に困る人はいるのか?怪しい数字のマジックに洗脳されるな!」と帯にある。過激な装丁の本であるが、中身は実に説得的である。
 著者の1人、伊藤はIPCC(気候変動に関する政府間パネル)の作業一部を担当した環境計測科学の専門家で、「地球は本当に温暖化しているのか?」「気候を変動させる原因は何か?」「異常気象は本当なのか?」といった疑問に対し、わかりやすい解説をおこなっている。
 特に、気候を変動させる要因は、温室効果ガス以外にもたくさんあり(たとえばエアロゾルや太陽活動)、現在のモデルは不完全すぎて、これに基づく政策は危険である、との指摘は重要であろう。京都議定書は温暖化防止の役に立たず、議定書を守るために何兆円もの現金を使う日本は、EU(欧州連合)に嵌められたのだ、との指摘は全く正しいと思う。

~バイオは悪魔の技術~

 『バイオ燃料で、パンが消える―食べ物を暖炉にくべる時代が幕を開ける/武田邦彦(PHP研究所)』は、地球温暖化防止の救世主として登場したバイオ燃料が救世主どころか、実は悪魔の技術であることを論証した本だ。
 穀物をエネルギーに使うことができるようになれば、当然穀物の価格は上がり、貧民の食料は金持ちのエネルギーに消えてゆく。バイオ燃料がカーボン・ニュートラルというのはウソで、穀物は石油を大量に使って作られている等々、著者の主張は明快である。
 最後に著者は、温暖化を活用した農業や漁業に転換すべき、と主張する。前向きの考え方だと思う。
(池田晴彦/早稲田大学教授)


■嘘エコ暴き記事そにょに ~「CO2元凶」世論に警鐘~

※中日新聞2008年6月15日朝刊 この本この人より

◇この本この人~地球温暖化論のウソとワナ 横浜国立大教授 伊藤公紀(57)

~「CO2元凶」世論に警鐘~

 地球温暖化の元凶は人間が排出する二酸化炭素(CO2)。とにかくCO2を減らさなければ―。そんな世論に「ちょっと待て」。
 「人工衛星で地球の赤外線を観測した最新の研究によれば、CO2が二倍になったとき、地球の平均気温が上昇する最も確かな値は1.6度。これは気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が理論から導き出した3度のほぼ半分。1.6度しか上昇しないのなら気候変動の影響も限定的と考えられ、CO2削減に巨額の予算を投じる意味はありません」と指摘する。
 「温暖化対策は不要」というわけではない。「温暖化は、インドなどで発生するススや太陽などの自然現象、農地開墾の影響も大きいと分かってきた。現在のように、CO2ばかりに注目して本質を見誤ることが最も危険なのです」
 伊藤さんは昨年、公表されたIPCCの四次報告書の審査も担当した。本書では現在の温暖化論の危うさを徹底的に追求し、ゴア前米副大統領の『不都合な真実』で温暖化の影響とされた事例の多くが誤解であることも暴いた。
 「今、地球が温暖化傾向にあるのはどうやら確か。でも、その原因の解明はまだピンボケ」。CO2削減は予防原則として取り組んできたが「多様な原因が分かってきたのだから対策も見直さないと。最新の研究成果を対策に反映させるシステムづくりが必要です」。
 共著者は渡辺正・東京大生産技術研究所教授。
(三沢典丈)


■嘘エコ暴き記事そにょさん ~偽善エコロジー~

※中日新聞広告より転記

リサイクルに使われる税金は年間5000億円!
国や企業の利権まみれのエコ事業・商品にダマされるな!!

「偽善エコロジー “環境生活”が地球を破壊する」武田邦彦

◆ペットボトルは再利用されず、ほぼ燃やされている
◆リサイクル紙は漂白や廃液処理に大量の石油を使う
◆割り箸を使わなくなると、端材の使い道が消え、森林は荒れ放題に
◆ガラスは大量消費・大量廃棄には向かない材料
◆生ゴミを堆肥にすると、畑は有害物質だらけになる
◆自動車燃料のバイオエタノールを作るには、同程度の石油が必要

いわゆる「地球に優しい生活」にどうも、うさん臭さを感じる人へ――

「レジ袋をやめてエコバッグにすると、かえって石油の消費が増える」
「冷房を28℃に設定しても温暖化は止められない」
「容器プラスチックは分別しても技術的にリサイクル不可能」
「多額の税金と手間をかけて分別したゴミ、そのほとんどが焼却される」
「リサイクル料を業者に払った廃家電は、違法に中古で流れている」

 ……衝撃の真実を、科学的根拠をもとに明らかにする。


■嘘エコ暴き記事そにょよん リンク集

「お説」ごもっともだけどこりゃ“エコばか”だ/livedoorニュース
【NHK】3日間、20時間も「エコ特番」を放送 ここまで入れ込むのは何故?/東京エスノさん
地球温暖化の原因は二酸化炭素じゃないとなぜ誰もいわない?/livedoorニュース
「地球温暖化」問題について(その4)むすび(小樽市議山口たもつさんのブログ)

[PR]
by kitaharak | 2008-06-26 13:09 | 嘘エコ暴き
※中日新聞2008年6月18日(水)[特報]より
c0147345_1251554.jpg

■猟奇的犯罪の原点(ではなく、壮絶な猟奇殺人は戦前戦後の方が頻発)

◆刑執行の宮崎死刑囚
 「オタク」「ロリコン」「無差別」「家族からの疎外感」…。17日、死刑が執行された宮崎勤死刑囚(45)が、20年前に起こした幼女連続誘拐殺人事件は、その後の若者の無軌道で猟奇的な犯行のはしりといえる(ような印象をうえつけるのがこの記事の魂胆であり大ウソ)。犯罪は社会病理の現れでもある。ネット万能や「孤」の時代で増殖する(どころか低減傾向が顕著な)若者犯罪を識者はどうみているのか。

 宮崎死刑囚は1988年から89年にかけて、首都圏に住む4歳から7歳の4人の幼女を誘拐、殺害した。遺骨を女児の家に運んだり、新聞社に犯行声明を送り付けるなど、残忍な手口で、幼い子どもを持つ親に衝撃を与えた。逮捕後には、ビデオなどが積まれた宮崎死刑囚の異様な部屋の様子が報じられた。他人や社会との関係が希薄で内向性の「オタク」とう言葉が日常的に使われ始めたのは当時からだ。
 「《宮崎勤》を探して」の著書で評論家の芦沢俊介氏は「『オタク』は今では市民権を得ているが、彼は存在を認められていなかった。オタクではなかったのかな、と思う」と語る。
 「誰でもよかった」と無差別に起こした東京・秋葉原の無差別殺傷事件(をここで出すのは悪意及び意図的であること)をはじめ、神戸市の連続児童殺傷事件、大阪・池田小を襲った宅間守元死刑囚=2004年9月に執行=の事件など、社会を震撼させる事件が宮崎事件以降続く(ように感じさせるべくマスメディアが不安感をあおる演出的ミスリードは極めて深刻)
 それらの事件を挙げて、芦沢氏は「彼らの存在は、何からも認められていなかった。いるのにいないという状態。そんな扱いを受けてきたことが事件につながったように思う。彼らの原点が、宮崎死刑囚にあった思えてならない(などというのはこいつの妄言)」と指摘し、こう続ける。
 「『人は1人で生きられない』と言われながらも、『1人で生きろ』と言われるのが今の社会。社会の寛容度が低く、他人や子どもに厳しくなっている。1人に人間に問題や責任を集約するのではなく、もう少し相互の支え合いを考えるべきだ」

◆「病理生む社会(は戦前戦後だっつーの)」考える機運も

 精神科医の香山リカさんは、宮崎死刑囚と同世代だ。同じような文化に接してきた者の凶行に当時ショックを受けたと言う。「事件の度にメディアの影響が言われ、解答を得られないまま今日まで来た(というがメディア強力効果論は完全に否定されており、にもかかわらずサブカル憎悪弾圧思想の感情論で毎回にぎりつぶされている)。教訓になってないのが残念。」
 それでも「オタクが起こした特殊な事件とする風潮があったが、秋葉原の無差別殺傷事件後に若者の雇用問題が取り上げられるなど、『社会が病理を生んでいるのでは』と考え直す機運が生まれててきている」とみる。
 ここ数年、相次いだ(と思わされている)子どもの連れ去りや性犯罪なども、(戦前戦後は桁違いの被害数なのに)宮崎事件がはしりとされる(ように思い込ませる放言で中日新聞は扇動記事を好きに書きなぐり、世間も食いものにしてます)。若者が犯行時に駆使する携帯電話やインターネットなどの機器は、宮崎事件以降に登場し、若者の犯罪はさらに広がりをみせている(などという、例によって論拠乏しいお決まりのメディア元凶論を知った顔で吹聴します)
 聖学院大客員教授の作田明氏(犯罪心理学)は「人との接触を積極的にしたがらない若者が増え、1人で楽しむ傾向が以前より強い(はずの現代の方が凶悪犯罪が少ないという記事上都合の悪い事実は内緒ネ)。同時に、携帯電話やネットなどの発達で、その中にはまり込む傾向が強まっている」と、内向性の強まりを問題視する(のはこいつの偏見と差別とその一方的敵視によるもの)
 宮崎死刑囚は精神鑑定で多重人格などの判断が出され、最後まで謝罪の言葉もなかった。弁護人が再審請求の準備や精神治療を受けている状況を鳩山邦夫法相に伝えていた最中の執行だった。
 「宮崎死刑囚を統合失調症だと主張し続ける専門家がいる。動機と無関係だったのか、疑いが残り、モヤモヤしたままだ」と語るのは、野田彰関西大学院大教授(比較精神医学)。
 最近の事件を見て「おもしろくない社会だからなくなってしまえ、という犯罪(は津山30人殺しとかそっちの時代の方が顕著なのに現在の方)が多い(と印象操作するのがこの記事の本懐)。今の教育は、社会への不満を人と話し合って抗議することがなく、犯罪に向かう幼稚な大人をつくっている(などというのは俗説で、幼稚で危険な犯罪層は実は団塊の世代)」と警鐘を鳴らす。

-記事ここまで-

 やれやれ。また、メディア元凶論・若者凶悪化論のミスリード記事。いつもなら文責が誰か名前が打たれてるのに、今回は無記名の匿名記事。でもこの[特報]の担当責任はいつも岩岡千尋だし、お決まりの内容からして今回もこいつだろうな。

 で、宮崎事件が猟奇犯罪の原点だそうです。じゃ、以下の猟奇事件は?

1902年(明治35)野口男三郎~臀肉切り少年殺し
 麹町で11歳の少年が夜道で男に殺害される。死体は頸部に刃物による切り傷がある他、左右の尻の肉が切り取られ、両眼がえぐり出されるというひどい状態。男は少年の肉を調理しスープにした。
1938年(昭和13年)岡山県津山30人殺し
 山村の性風習“夜這い”から、自分だけ疎外されたと思い込んだ22歳の男が逆上……
1957年 林邦太郎 中学生男児金魚鉢生首ホルマリン事件
 東京中野区で銭湯にでかけた12才の少年が行方不明に。後日、男の部屋から金魚鉢の中でホルマリン漬けにされた首だけの姿で発見される。
1968年 永山則夫連続射殺事件
 東京、京都、北海道、名古屋でガードマンやタクシー運転手ら4人が射殺された事件。犯人は当時19才の永山則夫。転々とする職の先々でトラブルを起こし、自暴自棄の末の凶行。
1969年 昭和44 高校生首狩り殺人事件
 犯人は同級生。いじめの仕返しとしての凶行だった。
1977年 昭和52 高校生わら人形殺人事件
 ゲイの少年が同級生のサッカー少年を殺害、現場に牛刀とわら人形を残す。少年の部屋からは横溝正史の猟奇小説がみつかる。金田一シリーズの映画パンフもあった。

 ……すみません、私もリンク先の事件の詳細読んで気が重くなってきたんでこの辺で勘弁して下さい。
 これらは劇場型猟奇犯罪の数々は、ごくごく一部の抜粋に過ぎません。20世紀にっぽん殺人事典紹介ページにあるように、女性・子どもをかどわかしては惨殺し、ご遺体を切り刻んだり判じ物を演出して自己顕示の劇場犯罪を繰り広げる異常者は、宮崎事件より遥か昔、明治、大正、昭和時代にいくらでも起こっていました。
 しかし宮崎事件が殊更“日本の現代犯罪史上初の猟奇殺人”として刻まれる要因は、メディアとサブカルの第1期爛熟期を迎た'80年代末頃、耳目を集めた最初の連続猟奇殺人が宮崎事件だった、という位置づけで認識するのが正しいでしょう。

 尚、事件当時、宮崎勤の部屋からはアダルト雑誌、アダルトビデオ、アニメ、漫画、ロリータものばっかり数千冊・数千本が押収された……という印象の報道が流されましたが、実際表面にみえるアニメタイトルは「男どあほう甲子園」とか「ドカベン」といった、ごく普通のもの。雑誌類も「GORO」「スコラ」といったものが中心。貯蔵量はともかく、内容は20代の男性としては至極普通のものばかり。
 ところが、部屋に最初に入れた記者の一団のひとりが、アダルトコミック漫画をどこかから抜き取り、一番上に乗せ、カメラ撮影を行った。そんな当時の逸話と悪意のある報道の詳細が暴露されています。(事件報道のリソースに「恣意的な映像」を加えていたマスコミ、それを黙認するマスコミ。不可視型探照灯さん)

 まとめましょ。

◇若者犯罪も凶悪犯罪も猟奇犯罪も増加していません。むしろ顕著に低減しています。
◇声明を送りつけたり、遺体をもてあそぶ劇場型猟奇犯罪は、明治にも昭和にも、戦前にも戦後にも頻発。その凄まじさ、発生数の多さは、現在の治安の温然ぶりとは比較になりません。
◇むしろ今、凶暴で犯罪傾向が強いのは、団塊の世代。
◇宮崎勤の当時のライブラリーやコレクションは、誰でも持ってるような平凡なものが大半だった。
◇しかしその事実も統計も犯罪史実も全て無視、“現代は病んでいる”“凶悪犯罪増加”の論調を、何がなんでもこじつけて情報操作、社会不安をライフワークとしたい輩が、今日も新聞やテレビの中、したり顔でウソをつき続ける。

 中日新聞のウソにダマされちゃダメですよみなさん。


 重要参考サイトはこちら。

バーチャル機器は犯罪を減らしているとしか思えないです凶悪犯罪増加の誤解を解くページさん
キレやすいのは誰だスタンダード反社会学講座さん
[PR]
by kitaharak | 2008-06-24 13:02 | マスメディア
【話題そにょいち】
「学校裏サイト」とは何か 管理人に聞く実態 /ITmedia News

(前略)
 「裏サイト」はネガティブなイメージで語られるが、実態は、同じ学校の仲間たちが集まる掲示板に過ぎない。学生・生徒が一般の掲示板サービスを使い、自分の学校の専用掲示板を作成。学校でのおしゃべりと同様、宿題や授業、部活などについて話し合ったり、時に悪口をささやいたりする。
 学校の公式サイトではないという意味で「裏」サイトと呼ばれ始め、マスコミを通じてその呼び名が広がったが、「公式ではない学校掲示板」と呼ぶ方が正確かもしれない。
(中略)
古川:「この高校に行きたいんだけど、偏差値どれぐらいですか? ギャルとか多いのですか?」とか。荒れることもありますが、ボランティアが対応できるレベルで、問題のある書き込みはすぐに削除されます。それなのに、何でそんなに「学校裏サイト」と書かれてしまうでしょうか……。
(中略)
 いじめなどの問題は、学校に潜在的にあったんだと思います。学校は閉鎖された空間だったから、これまで表に出づらかったものが、ネットでみんなが見ることができるようになり、露出し始めたのでは。
(後略)


 濡れ衣で不本意にも世論の矢面に立たされ、迷惑を被ってるという掲示板管理人さんのインタビュー記事。本当にもっともな内容ですよ。
 “裏サイト!闇サイト!”なんぞ、てんでまやかしな言葉のトリック。
 こうも世間で騒ぎになる前、私もかつて検索したら母校のスレッドが有り、
 『あのセンセイ優しいけど授業わかりづらいよね』
 『あの階の奥暗くて幽霊出そうでこあい』
 とか、本当そんなたわいの無い、つたなく無邪気な書き込みばかり。生徒達の世間話や井戸端会議のオンライン版に過ぎませんでしたよ。

 ここでもし、生徒名名指しで“ムカツク氏ね氏ね~”等の中傷があれば、とたんに裏だ闇だと大人が騒ぎ始めるわけですね。

 でもこれは、①ネチケット、②メディアリテラシー、の2点を主軸とした教育と啓蒙で片をつけるべき話であり、『いじめの温床・学校裏サイトを取り締まれ!』と喚いてまわる教育者なんぞ、インターネットの本質も真意もてんで分かってない訳です。

 例えば、
 『犯罪を犯す、危険な裏社会・裏人間・闇人種をどうして取り締まらないんですか!一国も早く規制と逮捕を!』
 なんて言い出すの、あきれたトンデモ愚策でしょう?
 第一“裏社会”ってなによ。どうやって“裏人間”を割り出すの。それともまさか、[派遣]とか、[ホームレス]とか、[黒人]とか、[ニート]とか、[知的障害者]とか、“闇人種ラベリング法”とか起てて、隔離や監視の国家体制を整備する差別社会的な法案を立てるつもり!? お前こそ逮捕されてしまえ!

 つまり“学校裏サイト”なんて、そういうあほらしいラベリング用語なんです。


【話題そにょに】

 茨城県知事あてに、同県の不当なゲーム弾圧政策への意見を送信したら、あまりにもあきれ返る返事がきたので、もうそのまま晒します。

差出人:茨城県女性青少年課

  このたびは知事のホームページにご意見をいただきありがとうございました。

 橋本知事から指示がありましたので,以下のとおり回答させていただきます。

 全国の殺人認知件数につきましては,平成19年に1,199件を記録しており,平成3年の1,215件を下回り,戦後最低となっております。また,少年凶悪犯罪につきましては,昭和34年にピークを迎えた後大幅に減少し,平成19年の殺人検挙人員は当時の7分の1にまでなっていることも承知しております。

 現在,ゲームと犯罪の因果関係については,様々なご意見があるところですが,ゲームの中には,青少年の健全育成を阻害するおそれのある描写があることも事実であります。

 ゲーム業界では,こうした状況を踏まえ,販売する個々のゲームを対象年齢ごとに区分し,18歳以上対象のゲームは,年齢に達していない者には販売しないとする自主規制を実施しており,この自主規制は,ゲームによる青少年への悪影響を防ぐ手段として,ある程度の効果を持つものと認識しております。

 ただし,この自主規制を以てしても,ゲームを含む図書等について,青少年の健全育成を著しく阻害するおそれがあると認められる場合には,行政が,個別に有害指定を行い,販売等の規制を実施することが必要な場合もあるものと考えております。

                       茨城県知事公室長 林 孝


 これ、“子ども達が非行に走るのはビートルズとプレスリーが原因”とかほざく、当時のPTAや政治家と同等の老害だよね(ウィキペディアによると、ダンスで腰を動かした時点で現行犯逮捕する!とフロリダでは警官がエルヴィスのライヴを監視してたそうだ……すげぇ)。
 青少年へ有害論の事実も、論拠も、科学的根拠が無い!って何度言ったら分かるんだろうね?
 ……いやちがう、青少年を守りたいのではなく、己のエゴから来る規制・ゲーム文化への憎悪弾圧そのものがしたいのでしょう。

 例えば、ホームレスの人が通りかかったからって(先月までフツーの電気修理屋のおぢさんだったかも知れないのに)、子どもに“近寄っちゃいけません!”とか、おネエマンズに“見ちゃいけません!”とか。そうやって子どもに金切り声あげる親の指針って、児童の安全でも教育でもなんでもない、差別の植え付けでしょ?これらは教育や児童保護じゃないんだよ。大人のエゴなんだよ。

=クレームの送り先=
茨城県女性少年課
茨城県知事 橋本昌


【話題そにょさん】

 児ポ関連の話題ですが、児ポ単純所持処罰化/創作規制案に関して、様々なウェブで統計された各方面世論調査を、一挙にまとめて下さったサイトさんがみえます。

児童ポルノ単純所持規制世論調査まとめ

 単純所持処罰化も、アニメ・漫画の創作規制も、7割~9割がたが反対。この度の同法案の改悪を、民意は決して望んでいないことは、火を見るより明らか。

 引き続き、民主党、自民党など各議員さんへのロビー活動をお願します。特に、児ポ禁止法改正案については、野党も交えて審議を織り成す衆議院法務委員会へと託されたもようですので、反対の陳情やご意見の送信などは、該当の民主の法務委員会の議員さんが、最たる狙い目と申して良いでしょう。

 モー娘のグラビアもジャニーズjr.も捨てなきゃいけないし、家族のお風呂着替えアルバムやケータイ画像持ってたら“単純所持”で逮捕される!コロコロコミックのがきんちょのフリチンも少女漫画もやべぇ!っていう、こんなむちゃくちゃな法案、なんでとおすの???
 『イギリスやアメリカやカナダ、スウェーデンがそうざます!日本も禁止するざます!サミットで褒めてもらうざます!児ポ監視天下り組織も作るざます!ホホホ(by:公明党PT)』

 っていう、今回のこんな児童ポルノ禁止法改悪案が、どれだけおぞましいモノか!ご存じない方は、ぜひ当サイト本家をご参照下さるざます。
[PR]
by kitaharak | 2008-06-20 12:59 | 規制反対
c0147345_2071977.jpg
 これ、事件発生の翌週に新聞で掲載された女性セブンの広告です。

 まずくだんの通り魔事件に関しては、秋葉の街もアキバ系もAボーイもオタク層も、完全に被害者です。なのに気を回して案ずるどころか、不当にも完全に加害者及びその一味として同一線上にならべる印象操作を行っています。どうしてそんな無神経なことを?

 第一に、“やじ馬と犯人が共鳴”ってあなた……。普段、あらゆる事件の被害者を晒し台に上げてくいものにしているのは、むしろ女性セブンのようなマスコミ側でしょう。あんたたちが言えた義理?どうして今更、あなたたちの悪業であるメディア被害を野次馬たちに責任転嫁できるの?

 それに野次馬撮影を秋葉原に結びつけるくだりも讒言甚だしい話。じゃあ事件が渋谷だったら写メ撮影者はいなかったとでも?新宿なら?池袋なら?

 事件野次馬写メについては、近年、他の土地・他の地域でもいくらでもある事態であり、秋葉原の土地ともオタク層とも全く関係ありません。むしろ被害者であるオタク層も街も全てサイコ扱いしてラベリングする、週刊誌記者の無神経さに憤怒を禁じえません。

 さらに同誌は、秋葉原連続殺傷事件の犯人を、完全に“アキバ系”“ロリコンアニメ、ゲーム大好き”と一方的根拠の無いレッテル貼りの上、罵倒のような唾棄と雑言をまくしたてています。

 しかし、容疑者の住んでいた部屋はとても殺風景で、ほんの僅かな同人誌漫画や多少のゲームソフトがぽろっとだけあったかなかったか、という程度。
 フィギュアやそのテのアニメDVDソフトが足の踏み場もなくぎっしり、という濃厚なマニアとは程遠い人物像だったはず。

 百歩譲って、何かラベリングをどうしてもやりたいなら、[非モテ]、[格差底辺]、[派遣]、というくくりの切り口より、社会問題意識を提言した方がまだまし。

 夢がみつけられない、趣味が持てない。オタクサブカルの華々しさに憧れてかじってみたけど、ジャンルに転んでからあっという間にファンサイト作ってばりばり同人誌発行したりするようなオタク肌の素質が元からある訳でも無いから、アキバ系の輪の中に入れない加藤智大容疑者。それで煩悶と日々もがき、凝固していった劣等感の矛先が、秋葉原だった……。

 アキバは被害者。“自滅テロ”という災厄がふりかかった、罪の無い悲劇の街なんです。

 しかしこのテの記者たちは『容疑者は何かアニメとかゲームとか没頭してませんでしたか?アキバ系の漫画は部屋にありませんでしたか??』と結論ありきで関係者に尋ねてまわり“そういえば…”という声が漏れれば、目の色変えて飛びつく取材の繰り返し。ジャーナリストの風上にもおけやしない。 

 一方で、スケートコーチが教え子の少女をレイプしても他のフィギュアスケートの選手は叩かれないし、野球選手が殺人を犯しても試合が中止になることもない。キリスト狂信者が猟銃を手にプール施設で女性の体をふきとばそうが、教会も宗教もまるで糾弾されない。

 弱いものしか叩かない。それが女性セブン。それが女性週刊誌。それがマスコミ。

 なぜこういった女性週刊誌は、真実や原因究明なんかせず、とにかく“オタクは馬鹿!異常!変態!”という論調を求め、誘導的な取材で吹聴を大声でわめいてまわる、こんなはしたない提灯記事ばかり露出するのか。

 ……それは、女性セブンの平均的読者層である、リテラシー能力の低い女性たちが、普段憎悪し、毛嫌い感情を露わにし、差別しているもの……それが、オタク、アキバ系、ビデオゲームだから
 無実であるか、白か黒か。そんなことはどうでもよく、いやおうなしに差別する標的を面罵することで、あるある脳女(納豆がやせると聞いてすぐスーパーへ脱兎して買い占めるタイプの女)やスイーツ脳女で占められる女性週刊誌読者層の女性たちを、いかにいい気に図に乗らせ、ほくそ笑ませるか。編集側は、そのことだけに腐心しているから。

 オタクか、非モテか、家庭か、格差か、派遣か…なんてそんな審議も真実も関係ないんです。普段から軽蔑している人種や層を相手に濡れ衣を着せ、唾棄してさらし者にして読み手いい気にさせ、部数を伸ばすことしか考えてないのですから。


 余談。女性週刊誌の懸賞アンケートでは“こんな下らぬえげつないゴシップ記事ばかりで埋め尽くさず、政治や文学、教養など、もっとためになる崇高な記事にせよ”という声ばかり、多くの女性たちから毎回たくさん寄せられるそうです。

 しかし、いざそのような品格のある記事を中心に編集したところで、本が売れたためしは一度も無いそうです。なぜあるある脳・スイーツ脳の女性たちは、そのようなアンケートで大嘘の回答を書くのでしょう?

 つまりですね、女性週刊誌の読者たちは、口先では『いやだわ、こんなえげつない記事』と眉をひそめてご立派な体面と取り繕っておきながら、結局は、

 「雅子様いびり!皇室の嫁姑最終決戦!」
 「撮った!略奪婚を狙う同棲現場激写!」
 「夜中に全身をゴキブリが這い回る!黒魔術の呪い!」
 「3億連続当選!大金ガバガバ風水ネックレス!」
 「あぁ無残3ヶ月の赤ん坊ヘビに丸呑み!」

 etc,etc.....こういった目を覆うようなヘッドライン記事を、おババネグリジェに身を包んだ就寝前に開け広げ、頭にはカーラーを巻き、指先でつけた化粧クリームを点在させたままのの顔と姿で、優越感溢れるしたり顔と共に鼻先で笑いながら、“あぁ寝る前に読むと胸がスカッとするわ”と、満足感たっぷりに読み終えて床につくのです。ゾゾゾォ~~~あーきもちわり。

 こういった女性週刊誌が、“メディアの風評被害・二次被害等の悪影響が甚だしい、撲滅すべき悪書”であることを、喫茶店、銀行、病院側各位は表明、設置・購入を拒否する姿勢を、各所が毅然と示して世論に訴えかけぬ限り、“売れるからますますのさばり続ける現状”は、永年に改善されないでしょうね。
[PR]
by kitaharak | 2008-06-17 20:13 | マスメディア

本家サイトの引越し

 《止めろ!規制社会・監視国家》のアドレスが変わりました。
http://tomerokisei.jmj.at/


 ご迷惑おかけします。

 旧アドレスの方なんですが、トップページに“こちらに引越しました”っていうテキストリンクだけ残し、あとは全部消去するはずが、のろのろ~のろのろ~~と相変らず重たくて、FFFTPソフトすらつながりません。

 みなさんも無料HPを借りる場合は、広告つきであろうともサービスが安定しているトコロをお選びになることを是非オススメします……。はーこりゃこりゃ。
[PR]
by kitaharak | 2008-06-16 18:26 | 規制反対

萌えるぬこリンク

 最近筆致も内容もサツバツとしているので、お口直しな箸休めとして萌えるぬこサイトのリンクでも。

《ぬこ動画&掲示板サイト》

改札機の上から退こうとしないぬこ
 その後、このくむら駅の改札ネコを日本テレビ「スッキリ!」の女子アナが、民家の物置で仔猫はぐくんでるとこをスクープ。そのときの番組録画、HDに残ってるんですが……やはりあぷすべきなのだろーか。

猫爆笑画像掲示板
 動画と違い、サクサク見れて楽しいでつよ。

地球ネコ
 例えば、遊佐未森「クロ」はお涙頂戴趣向があまりにもストレート過ぎるのですが、こちらは微妙な比喩と曖昧なストーリーテリングで観る者の感性をかきたて、それぞれの解釈で落涙させてくれます。不思議なネコソング。

ぬこ、フリーダム!
 さすがテレビ東京……

キャッツ・アイ・ラブ
 イチオシ!!!!!アニメーション演出は「雨のちスペシャル」の大井文雄。
[PR]
by kitaharak | 2008-06-13 20:43 | 雑談
 え~~マイクテスト、マイクテスト。あーあーあー、おほん。(ががーぴーっ!)あっハウっちゃった。おほんおほん。えー、

 秋葉原通り魔犯・加藤智大は、トヨタグループ!トヨタグループ!ト~~ヨ~~タ~~の人間です!

 トヨタです!トヨタです!トヨタトヨタトヨタ!低賃金のピンハネ派遣搾取工場で、弱いものから莫大利益を日々むさぼる、トヨタ自動車!TOYOTA自動車!ト~ヨ~タ~グ~ル――――プのもとで、加藤智大容疑者は働いていました!

 派遣元は、秋葉原にオフィスをかまえる日研総業です!そして派遣先のトヨタグループの子会社は関東自動車工業です!


 同社は「あいつは勝手にやめた」というコメントを残していますが、加藤容疑者の同僚は彼と共に呼び出され、『お前ら6日いっぱいで解雇だ』と直接口頭で宣告されたことを証言しています!(※参考資料)

 卑怯にもトヨタは、TBS、日テレ、時事通信など各大手マスメディアに圧力をかけ、事件直後の報道「派遣会社社員(トヨタ系の工場勤務)」を、“職業不詳”に差し替えさせました!!(※参考資料)

 しかし今やネット時代。そんな自動車メッキのような(シャレにならん…)情報操作がまかりとおるはずもなく、それまで必死にオタクやアキバが原因、というラベリングによるミスリードを大声で吹聴していたマスコミは、(なぜか各位揃いも揃って)ピタッと6月9日夕方を境いに、一斉に(バツのわるそうな小声で)容疑者がトヨタグループ勤務である事実に、はれものに触るが如く、そーっと触れています。
 しかし完全に明るみとなった今現在でも、各メディアはスポンサーお大尽であるトヨタの名前を事件で出すことは、できるかぎり避けたがっています。(※参考資料)

 尚、メディアを使ったトヨタの汚い隠蔽工作の過去の代表例は、2006年夏のリコール隠蔽。幹部3人が書類送検されてますが、マスコミはガン無視。それにくらべて三菱自動車の同事件の際の叩きようといったらあーた。(※参考資料)

 しかし当サイトではトヨタなんか関係ありませんから。事実はきちんと敷衍致します。

 もう一度繰り返します。

 トヨタです!トヨタです!トヨタグループです!!!秋葉原通り魔犯・加藤智大容疑者を、ピンハネ派遣の日研総業を介し、子会社・関東自動車工業に勤めさせて利益搾取した上、事件直前にクビにしたのは、トヨタ自動車です!
 ………もちろん、トヨタや派遣に、事件の要因全てを求めているのではありません。事件を起こしたのは、本人の問題です。
 ただ、スポンサーの圧力によるマスメディアの卑怯なミスリード報道の事実は、きちんと断罪しなければなりません。あえて、【加藤智大=トヨタ自動車】を喧伝させて頂きました。


 今回の事件で亡くなられた方のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。また、負傷された方、犠牲になられたご家族の方、友人の方、目撃者の方々、心の傷を負われた方の1日も早い回復を、心より願っております。
[PR]
by kitaharak | 2008-06-13 14:36 | マスメディア
 またまたこちら地元中部のラジオネタで恐縮ですが、6月9日(月)CBCラジオ朝のワイド番組「聞けば聞くほど」(みのもんたほどひどくはないが、リテラシー能力の乏しいファシズムリスナーの大量投稿生番組)オンエアで、私も参考にしている《少年犯罪データベース》のサイトさんが、さわり程度であるものの、どなたかリスナーさんの投稿により紹介されていました。

 それは、根拠もなければ統計もひもとかず“凶悪犯罪増加!治安悪化!”と声高に叫ぶ無責任なマスメディアや他のリスナーの論調に対して一石を投じたものでした。
 しかし、「まぁこういう意見もある」という程度の扱いで、番組の空気としては、あまり推奨する取り上げ方ではありませんでした。

 実は私も、以前同番組に少年犯罪データベースさんの資料を引用した上で、何度か投稿しているんです。
 今年3月、茨城県土浦市の通り魔事件+突き落とし事件の頃、“治安悪化!犯罪凶悪化!今の日本は、現在の若者達は……”と、金曜日の副パーソナリティ伊藤秀志が、あまりにも軽率な情勢不安の扇動を放送で繰り返すので、私がわざわざ『昭和30年代とくらべて、人口は増えているのに、少年犯罪も凶悪犯罪もこんなに減ってますよ』とメール投稿、びっくり水を挿してあげたんです。
 で、ソレがメインパーソのつぼイノリオの手によりオンエアで読まれたのですが、しかしその事実を絶対に認めたくないのか、伊藤秀志は、

『減ってるの?……でも少年犯罪の質は変わってるんだろう!』

 と、噛み付くばっかりで、私の指摘に全く耳を貸す様子はありませんでしたね。

 以下、昭和中心の通り魔的犯罪資料。

【刑務所に入りたくて人を殺す/誰でもよかった系】pick up
[未成年編]
■昭和43年(1968).3.31〔18歳女子が警察に捕まるためバス客刺す〕福岡県福岡市
■昭和46年(1971).5.1〔18歳が刑務所に行くために幼児殺害〕兵庫県津名郡(淡路島)
■昭和49年(1974).11.23〔高2が受験ノイローゼでハイジャック〕北海道岩内町
■昭和54年(1979).2.12〔17歳女子が刑務所入るため通り魔殺人〕大阪府大阪市ミナミの地下街のトイレ
■平成8年(1996).9.6〔17歳女子が警察に捕まるために赤ちゃん殺人〕宮城県多賀城市
■平成12年(2000).9.〔高校生による教師殺人未遂事件〕愛媛

[成人編]
■昭和9年(1934).6.25〔45歳(満43~44歳)が死刑になるため幼児ら4人無差別殺人〕岐阜県不破郡の路上
■昭和19年(1944).7.7〔29歳ニートが死刑になるため母親殺害〕秋田県江刺郡
■昭和25年(1950).4.28〔20歳ニートが刑務所に入るため殺人未遂〕東京都墨田区の公園
■昭和26年(1951).11.13〔20歳ニートが死刑囚になりたくて強盗殺人〕大阪府守口市
■昭和40年(1965).4.24〔26歳ニートが小学校で生徒4人を襲う〕埼玉県蕨市の小学校校庭昼休み時間
■平成5年(1993).4.17〔24歳ニートが振られて刑務所に入るため警官殺害〕東京都台東区の上野駅前

昭和29~31年、全国各地で通り魔殺人鬼が日々跳梁跋扈
通り魔事件の映像
 昭和30年代には年に200件以上の通り魔事件頻発!当時の朝日ニュース動画が見れる
1938年(昭和13年)岡山県津山30人殺し
 ~山村の性風習“夜這い”から、自分だけ疎外されたと思い込んだ22歳の男が逆上……


 伊藤秀志によると、昔と比べて今の凶悪犯罪は増加した上、質も変わったんだそうです。しかもこいつは、誤謬を指摘した私のデータ引用の投稿を否定しました。お幸せなこってす。

《参考》
無限回廊さん
Transitionさん

 他、戦前ごろから現在までの犯罪統計の趨勢を、もっとも分かり易くまとめてらっしゃるのは《凶悪犯罪増加の誤解を解くページ》さん。呼んでそのまんまの痛快ブログ!必見!!
日本の凶悪犯罪は減少してます。
 
[PR]
by kitaharak | 2008-06-12 11:58 | マスメディア
請願情報のページより。

 自見庄三郎(国民新党副代表)が

『子供ポルノ問題に関する請願』(No.3662)
『子供ポルノ問題のための、児童買春・児童ポルノ等禁止法の改正、厳格な適用等に関する請願 』(No.3663)

 を提出しました。

 一方、我らが松浦大悟議員は
『児童買春、児童ポルノ禁止法改悪反対に関する請願』(No.3557)
 を提出しています。

 前者、自見議員の請願がいかにでたらめで論拠があやふやか、またその法益が極めて乏しく、法律や犯罪統計などを全く不勉強のまま風評や都市伝説を鵜呑みにしている恥ずかしい請願かは、当本家サイトをご覧になってる方ならすぐ喝破できるかと存じます。
(※また最近不安定で開けないので、もうこちらに引っ越しちゃいますね)

 一方松浦議員のものは、

 『イラスト等の創作物も児童ポルノの範囲に含めるか議論されている。そもそも児童ポルノの厳密な定義を行うことは非常に難しく、その上所持、取得にまで規制・罰則を設けることは、多くの冤罪(えんざい)発生や、捜査権の濫用、プライバシーの侵害や、監視国家化が引き起こされる可能性が高く、市民生活が著しく脅かされることを危惧(きぐ)する。また、イラスト等の被害者の存在しない創作物も、規制・処罰範囲に含めるべきとの議論は、実在する児童を守る、本来の保護法益から外れ、憲法に定められた表現の自由を害する。』


 と、極めてまっとうで冷静な請願内容です。

自見議員へは請願書への断固たる抗議、反対、突っ込み反駁のメール,FAX,お手紙を!
〒802-0081
北九州市小倉北区紺屋町12-21 勝山ビル2F
じみ庄三郎
TEL.093-531-1111
FAX.093-531-1115
E-mail jimi@jimisun.com

松浦議員へは請願書の激励・援護・支援のメール,FAX,お手紙を届けて下さい!
[PR]
by kitaharak | 2008-06-11 10:35 | 規制反対