日本では凶悪事件も少年犯罪も低減中。「有害情報」も「治安悪化」も全てウソ。だまされないで!


by kitaharak

<   2008年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


●livedoorニュースより『三浦氏逮捕とポルノ禁止が教える軍靴の足音』

 (前半略)一方、児童ポルノ画像への規制は、誰でも逮捕できる口実をつくる。記事によれば、自民党は23日、児童ポルノの画像や写真を個人で集める「単純所持」の禁止を盛り込んだ児童売春・ポルノ禁止法改正を行う方針を固めた。同法は1999年に施行され、児童(18際未満)の性的に刺激が強い写真や画像、ビデオについて販売や提供目的での所持、ネット公開などを禁じている。

 単純所持が違法になれば、すべての男性を捕まえることができる。仮に画像がなくても、メールで送りつければいいのである。適用対象を「収集の意図が明らかな場合に限る」としているが、勝手に登録して「こんなメルマガを購読しているだろう」と迫れば済む

 注目すべきは、今回の法改正が米国政府の要望で決まったことである。鳩山邦夫法相は4日の衆議院予算委員会でも、単純所持の処罰規定が必要と述べている。この動きは、毒ギョーザ事件やサッカー、ハンドボールでの確執など中国や中東に対する悪感情のあおりと軌を一にしている。

 われわれは同じアジア人が血みどろの殺し合いに持ち込まれるのを避けなければならない。そのために、マスコミ報道を真に受けてはならない。捕まった人がいたら、何かいいことをしていたのではないかと勘繰るべきではないだろうか。【了】

◆     ◆     ◆


 当サイトで関連性の高いくだりはやはり児ポ法絡みの部分ですが、なんと三浦さんが毒カレー事件支援に関わっていたこと、また銃撃事件がシロである明らかな証拠・証人が、検察官によって黙殺されていた真実が暴露されており、仰天させられます。
[PR]
by kitaharak | 2008-02-27 21:01 | 規制反対
 超~~~~大急ぎで、本家サイト児ポ法改正反対に関する新しいページと、改正反対意見書のテンプレートページをアップロードしました。取り急ぎです。
[PR]
by kitaharak | 2008-02-16 00:30
 「児童ポルノ禁止法改正」を謳いながら、実際は“日本国民高潔維持法”とか“不純潔表現虞犯法”とか“ポルノ思想準禁止法”と言うべき法律を公明党がもくろんで以来、以前から危機感を抱いてる方はかなりピリピリきてますよね。

 しかも今回は2003年の騒ぎの時のようにジポネットさんはいないし、漫画表現弾圧監視サイトの役割を担うはずのAMIさんはなぜか更新完全停止していて、それに苛立っている方も多いようです。

 でも公明党だって敵は多いはずですし、その対立してる人の中でも規制と弾圧ばかりの政策に疑問を抱く方だって多いはず。落ち着いて反対運動を広めることに徹しましょう。

 また、連中は『あれも禁止!これも禁止!みんな禁止!!』と息巻いてみせてはいますが、永らく合法だったものを違法と扱う法案にしろ、架空世界の絵のキャラクターなどに人権と判断基準を設けて禁止する法案にしろ、やっぱり国会通すのは、あっちはあっちで相当の難関であるはず。

 かのコミックマーケット準備会スタッフ方面では『マンガ論争勃発』を商業誌として緊急発行したり、同名のブログを立ち上げたりして、外堀を固めながら徐々に動き出してる人々だっているので、投げやりになったり自暴自棄になったりする必要はないでしょう。危機感は抱くべきですが、パニパニ・クニッパで思考停止はいただけません。

 私も仕事の合間を縫って、出来る限りのことはやってゆく所存です。


 ところで、この法案がテーマの世論調査が行なわれてる興味深いサイトもありますね。

 単純所持処罰化賛成意見といえば、

 『気持ち悪い!』
 『持ってるヤツは病気のヤバイやつら』

 ……という、浅慮でガラッパチ極まりない放言ばっかりなのに対し、反対意見は、

 『すべての国民を監視し、家宅捜索を可能にする悪法です』
 『明確な判断基準が設けられていない状態でやるのは極めて危険』
 『過去に合法なのが、事後法により今後に罰則をかけるなんてありえない』

 と、冷静且つ現状も問題点も十二分に咀嚼した上での、理路整然で明晰な回答ばかり。勿論反対意見が軽率な賛成票をグングン引き離しています。
 このページをプリントアウトして各議員さんにお手紙にしてお見せしたいくらいですよね!
[PR]
by kitaharak | 2008-02-11 21:11 | 規制反対
 自民党および鳩山邦夫法務大臣から児童ポルノ禁止法改悪案への公言がありました。

 今回の改悪の論点は2つ。

◆単純所持の違法化(アルバムや携帯に家族の子どもの裸の写真を持ってるだけで逮捕)
◆漫画やアニメの違法化(くりいむれもんは発売禁止、エヴァやセラムンは放映不可能に!)

 私のサイトトップページでも口角泡を飛ばしていますいが、“児童ポルノ”高校生も含む18歳未満全般が該当の上、その判断基準が

 『性欲を興奮させ又は刺激するものを視覚により認識することができる方法により描写したもの』

 ……という、あまりにも曖昧なものので、上記のように子どもの人権保護ではなく、国民全員の人権問題・消費者問題・表現自由問題に、甚だしく抵触しています。

 他にも、単なる本や写真を拳銃や麻薬並に扱う異常性、冤罪の危険性、性犯罪抑制効果への疑問点の多さ、等、もってき方次第では、悪名高き共謀罪や治安維持法なんかメじゃないほど恐ろしい悪法へと凶暴化します

『何の罪もない電車男まで逮捕するような法律反対!』
『日本へ厳罰化の干渉をするアメリカの方が遥かに性犯罪率・虐待率高いのに利権目当てに彼らのいいなりになるのはおかしい』
『単純所持違法等の施行している国の方が性犯罪率がべらぼうに高く、倣うのは非常に危険』
『こんな理不尽な法改正をこのまま押し通そうとするなら、貴方方を今後一切支持しません』
etc,etc……

 とにかく国民として声をあげて下さい。

【規制・改悪したがっている側】~断固たる反対意見を送ってください
・鳩山邦夫公式サイト(メルアドがないのでファックスが事務所郵送で。面倒なようですが手紙はとても効果的)
・自民党公式サイト
・公明党公式サイト

【どちらかというと規制・改悪には慎重派】~阻止してくださるよう意見を送ってください
・民主党公式サイト
・社民党公式サイト
・日本共産党サイト

 参考に、今回の法改悪の問題点を鋭く突いている論客・舌鋒を尽くしているページを貼っておきます。
■チラシの裏(単純所持罪自体警察の別件逮捕の口実や突然違法化する事による危険性が非常に高く、また効果が期待できない所か、適用した国では犯罪率が非常に高いことや海外においても懇意的運用がなされている例もあるので、確実に阻止しなければ我々の身の安全が脅かされてしまう事案だと言う事を認識シテクダサイ。)
■児童保護のあるべき姿を考える(自分の子供の写真を撮るのにも心配をしなければならず、昔読んだ漫画も捨てなければならないなら、あまりにも無茶な改正と言わざるを得ません。)
■連絡網AMI(児童買春児童ポルノ禁止法」改正への要望書)
■クリエイター支援(もし、単純所持が違法化されてしまったら、十八歳未満であれば、どんなものであれ、「児童ポルノ」と定義づけることが可能な法体系によっての別件、踏み台逮捕、ノルマ稼ぎ等々の自在化や、家宅捜索の容易化などによる、市民生活への有形無形の圧迫は、計り知れないものがあると考えられます。)
[PR]
by kitaharak | 2008-02-06 01:32 | 規制反対
 痛いニュース経由でブーイングが相次いでいる話題ですが。

【30歳過ぎて「アニメ、アニメ」ってどうよ?】

 旦那の趣味が気に食わなくて目くじらを立てている主婦の声に対し、

 『他人の嗜好に干渉するヤツの方がガキ』
 『「アニメ=子供向け」の決め付け方の頭が古すぎ』

 と、ニュース発信者に対しては皆きわめて冷淡なコメントが殺到。全く当然の話です。


 本当に相手を愛してるなら、旦那/彼氏が傾倒してるそのアニメやトイズも興味がでてくるはず。

 『あの人が今夢中のコレってどんなモノなんだろう?』と、当然相手への同化が始まります。これが似たもの夫婦・おしどり夫婦の端緒です。

 でも、この女の場合、エゴをむきだして否定して来た訳でしょう。

 旦那の趣味を罵倒するということは、その女は誰よりも自分が大好き。そういうことになりますね。旦那への愛情よりも、アニメへの憎悪・毛嫌い・大嫌いという自分のエゴが勝っているわけで。

 こういうお二人さんって、別にアニメや趣味不一致の問題がなかったとしても、なんらかの形で夫婦間に問題が噴出しますよ。借金背負った途端に態度が急変するとか。なにせ彼女は旦那より自分が大好きなんですから。

 結婚前に、人の趣味を罵倒してきた相手は、男女共に要注意でしょう。

 やがてこのテの主婦は、生まれた子どもが「ワンピース」「NARUTO」等を見たがったとしても、
『そんなくだらない有害アニメ見るんじゃありません!』と品物を全部とりあげ、ジブリやディズニーといった“ブランド品”をほくほくと買い与え、自分ひとりだけの充足をはじめます。
 また、父親の思想に金切り声をあげている母親の姿を子どもが傍で見ているのですから、子どもや家族にとって決して良くない環境を築いてしまっていることは、言うまでもありません。
[PR]
by kitaharak | 2008-02-03 11:26 | マスメディア