日本では凶悪事件も少年犯罪も低減中。「有害情報」も「治安悪化」も全てウソ。だまされないで!


by kitaharak

<   2008年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

インターネット「利用に不安」45%も 内閣府調査

 などという調査結果が新聞・ニュースで無理やり配信されていますが、こういった政府の息がかかったマスコミの報道・内閣府の手による世論調査なんて、まず自分たちにとって都合良く誘導・操作を行なったインチキであると見て下さい。

 インターネット検閲・フィルタリング義務化を導入すれば、政府が自分らにとって都合の悪い暴露や批判も全てひねりつぶせるし(汚職とか暴いたサイトをみつけしだい、フィルタリングランク-10評価とかつければリンク先まで即全滅)、“この調査結果のとおり、国民はみなネットを怖がっております!”と世論操作すれば、そういった検閲機関の設立・利権団体・天下り機関がたやすく作りやすくなり、ますます搾取・暴利をむさぼる連中が“お上”として日本に跳梁跋扈することになります。

 案の定、調査方法はネットアンケートではなく、今どき面談方式で、5割もの数が無効扱いという胡散臭さ。

 これ、『こんなにネットでは危険な情報があふれています!こんなに害悪があります!不安ですね?危険ですね?“はい”は?“Yes”でしょ?』と、極めて誘導的な詰問を、天下り機関に勤める若い人を個室に呼び出して上司に睨まれながら無理やり回答を強要。露骨な誘導に反論した回答者には“協力しないつもりか!”と傍の上司が怒鳴りはじめ、退場・無効扱いとする、という内閣府のやり口が、既に承知の事実として白日の下に露悪されています。

 もし、フィルタリングソフトの義務化を日本に導入したらどうなるか?ワールドスタンダードなフィルタリングを最強レベルにするとどうなるか?
 《環境保護 リサイクル》で検索すると、あたりさわりのない通念や正論サイトしかかからなくなり、『余計環境に負担がかかる悪効率のリサイクル業者に踊らされているのではないか』という趣旨の反論サイトが、一切かからなくなります。
 《捕鯨》で調べても、「日本の子ども達へ…こんな可愛い動物を捕鯨で殺すなんて、あなたたち親はなんて残酷なの!」というサイトが上位に来て、捕鯨文化の正当性を必死に説いた日本のサイトが、フィルターで削ぎ落とされます。
 「はだしのゲン」の日本の公式サイトにいたっては、“戦争を終らせることに必要だった原爆を批判した、反アメリカ=反グローバルの有害サイト”として、どこの国からも開けなくなります。

 【世界価値観均一パック教育】なんて絶対ゴメンだね!!!
[PR]
by kitaharak | 2008-01-27 08:53 | 規制反対
 “出会い系”サイトから子どもを守る、という毎度のコトながら児童保護をご都合よろしいヨスガに掲げていますが、天下り利権機関が作れる、国民の言論・表現を検閲できる、などといったおためごかしがスケスケ。(参考サイト:無名の一知財政策ウォッチャーの独言

 そもそも、出会い系サイトに対して良識派とやらのみなさんは“児童の被害が!子どもが!”とがなりたててますが、青少年が家庭や学校で愛情としつけに恵まれていれば、「家にいたくない」「帰りたくない」「家出の援助して」などと、心の隙間ができたりするはずはありませんよ。
 インターネットがなくても、そんな少年少女は家を飛び出して駅前繁華街へさまよう行動は、親が改心しない限り止められないはずです。
 じゃあなんのために出会い系サイトを締め上げるのでしょうか?

 「出会い系サイト等に係る児童の犯罪被害防止の在り方について」パブリックコメント締め切りは1月31日。
 是非反対意見の声をあげましょう。油断してると規制拡大で個人のブログも掲示板も国家の監視下におかれる空恐ろしい世の中が来てしまいます。
[PR]
by kitaharak | 2008-01-24 10:40 | 規制反対
【話題その1】
 迷惑ですね、またこの人ですか。岐阜一区公認ですって?その野田聖子のやろうとしていることは、以下の通り。

  『あたしは野田聖子。漫画・ゲーム・アニメ大嫌いの野田聖子。今すぐアキバも叩き潰したい野田聖子。性犯罪も殺人事件も全部漫画やアニメやゲームのせいにすべきね。だから全部検閲かけて、「くりいむれもん」も「エヴァンゲリオン」も「セーラームーン」も「キューティハニー」も全部“児童ポルノ法”改悪で規制にかけよう。そうすればあたしの毛嫌いしているアニメは全部憎悪弾圧できるし、表現規制のタガも外せるし、天下りの検閲機関もいっぱい作れるし、癒着先の警察庁のうまみたっぷりの支援もなみなみ、ジャパニメーション・漫画嫌いの海外の政治家には威張り散らせて美味しいことずくめ、権勢力も強化できるし、更なる出世へのいい踏み台だわ(哄笑)』

 ……郵政民営化の節には反対論から手の平返しで自民党に媚売って復党、支援者を裏切ったウソツキ無責任偽政者ですよ?

 こちらでも言われてますが、野田は民主主義の根底を揺るがして経済も治安もダメにする政策を、大嘘のキレイごと並べ立てて通そうしている、本当にタチの悪い人物。岐阜方面の方、特に漫画・アニメ・ゲーム好きの方は、選挙の際は他の候補者、社民とか民主とか、特に当選のみこみの高い人に投票し、必ずや野田を落として下さい。こいつが議事堂の門を通るとロクな日本にはなりませんよ!

 余談ですが名古屋のラジオ番組ではつぼイノリオが野田聖子をベタ褒めしてしまってます。彼はかつて'80年代~'90年代はパソコン少年の味方だったはずで、えっち漫画雑誌やアダルトゲームソフトのネタで深夜ラジオを大いに盛り上げていた人物。
 ところがあっけなく野田の外見とマスコミの虚像に騙され、手の平返して奥様向け朝の番組では感情論好きのリスナー勢を抱き込み、ゲーム少年とサブカル文化を裏切っています。みなさんは騙されちゃダメですよ。


【話題その2】
 
 最近、膝を打ったブログ。少年犯罪データベースさんです。

 『一応、云っておくと、昔は住宅地で一般の人が隣り近所の住民に殺される事件が多発してましたが、いまはほんとに少なくなりました。人付き合いが濃厚になると殺される確率もあがります。あいさつは殺人のはじまり。』

 確かに、息の詰まるようなかつての村社会では、人付き合いのトラブルは常に一触即発だったでしょうね。
 “昔はご近所同士つながりがあって皆心が温かかったのに云々~、だけど今は人付き合いがなくなったせいで防犯も治安も悪化する一方でかんぬん……”とかなんとか聞いたふうにそれらしい正論を吹く人は、きちんと昭和時代からの殺人や犯罪のデータを咀嚼してからモノをいいませう。

【話題その3】
c0147345_10374922.jpg

 中日新聞の朝刊から。犯罪の減少をきちんと報道しようという姿勢の、珍しい記事です。前年から犯罪認知件数36%減!大したもんだ!
 一方未成年深夜徘徊増加の原因を、“子どもたちが皆ケータイ持っててすぐ連絡取れるので、親が余裕こいてほっぽり状態”と分析しているのは、なかなか面白い説です。
[PR]
by kitaharak | 2008-01-21 10:44 | 規制反対

【みのもんた病】の日本

c0147345_2161726.jpg

 1980年以降の死刑執行数、昨年は27年間で最多。中日新聞2008年1月14日朝刊より。

 凶悪犯罪が増えてる訳ではないのに、死刑判決がうなぎのぼりだって。特に、2000年以降。なぜだと思いますー?

 それは、この頃から、日本全国が【みのもんた病】に罹患し始めたから。あの男がカメラの前で猛々しく激昂してみせる姿を観て、誰もがさぁ続けとばかりに感情論の権化と化してしまい、ご遺族感情への過剰傾倒が顕著になってしまったんです。
 因みに、2000年といったら桶川ストーカー事件がマスコミ各媒体で騒ぎになってた年。これ、象徴的だと思いませんか?

 よく考えてみてください。例えば、どうしてカンニング竹山なんかが討論番組や報道番組に呼ばれるんですか。社会学者・犯罪学者・精神科医・心理学者でもなんでもないのに。

 それは、吊るし上げられたその時の“悪者”を相手に、キレてなじって罵倒する役割だからですよ。決して冷静な分析と解説ができる人だからではないんです。とても気持ち良く、“悪者”にされた相手を誹って叩いてさらし者にし、国民に憂さ晴らしをさせる行為の扇動人として数字を上げたがっている、そんな思惑のTV局にとっては大変重宝なタレントだからです。
 本当に社会を良くしたいと思ってたなら、そんな人呼ばないでしょう?みのもんただって正しい報道をしたいなら、不二家捏造報道に関しても姉妹殺人の父親を疑ったことも、きちんと後々謝罪するはずです。

 自分で現地に赴き、実際に渦中・該当の人に話しを伺い、全て自分の手と足で調べて結論を出して指弾するのではなく、“悪者”が既に吊るされて全部できあがった状態で、その相手を罵倒し、日本全土の矛先を向けさせるだけの役回りなんです。彼らは。

 もし日本がみのもんた病でなければ、中毒ひとつ起こしてないはずの赤福はあんなに叩かれなかっただろうし、松岡農水相も、鳥インフルエンザ農産の会長夫婦も自殺するような事態は防げたのかも。

 パーソナリティーやコメンテイターが、ガーッと憤慨してキレて見せて喝采を浴びさせ、国民を催眠めいた感情論へと扇動する。そんなみのもんた病・カンニング竹山症候群の日本のテレビ、実はかなりまずい状態だってことを認識しましょう。

 尚、ヒトラーも大日本帝国も、当時のメディアを活用したキレキャラ・カリスマ政治で国民の制裁心をあおった結果、取り返しのつかない戦禍を引き起こしています。

 お分かり頂けましたでしょうか。日本のマスメディアが抱える【みのもんた病】が、国民の催眠めいた感情論を扇動させ、死刑判決を増やしたんです!
[PR]
by kitaharak | 2008-01-14 21:11 | マスメディア
 よく各大手新聞誌上に、読者による投稿欄がありますが。
 コレ、いまや自由に声を上げられるHP・ブログ・2ちゃんBBS全盛のご時世に、ありきたりな社会通念や手垢のついたPTA論しか載らないことが判りきっている新聞なんかに、せっせせっせと投稿するヒトたちって、ある意味2ちゃんねらーよりおめでたい電波かお花畑・厨房・消防・スイーツ脳なのかも。

 本当に、突っ込みどころ満載のあったか脳ミソゆるゆる状態の投稿とかも結構あって、『こんなのネットや2ちゃんならボッコボコでしょうに(笑)』と常日頃思ってたりするのですが、ちゃんとこのテのトンデモ投稿記事を“痛いニュース”としてメッタ打ちにするブログBBS、あるんですね。

 コレなんか、朝日新聞へあまりにもお花畑な投稿をしでかし、しかもこともあろうか採用されてしまった52歳の主婦を名指しでボコボコ!という、なんとも清涼飲料のごとし爽やか痛ニブログでございますが(このネタ、週刊誌までが食いついてる!)。
 まぁ書いた側も、実はアカヒの自作自演だったりとか、名前も年齢表記も偽ってる投稿マニアとかだったりするので、想定内どころかむしろ高揚して浮かれてるのかも。

 じゃ、私もツッコミましょうかね。中日新聞2008年1月7日づけ朝刊に載ってた読者投稿。


【地域で協力し子供見守ろう 岡 里織 主婦35(三重県いなべ市)】
 先日、娘が通う小学校で親子地域防犯教室が開かれました。警察の方から犯罪や事故に巻き込まれないためにはどうすれば良いのか詳しく説明があり、模擬訓練も行なわれました。とても分かりやすくて子供にも理解しやすく有意義だったと思います。
 しかし、犯罪や事故はいつ、どこで起きるか分かりません。もし、娘が実際に不審者に襲われた時、的確に行動できるでしょうか。警察の人から教えていただいたことを思い出し、その場からうまく逃げたり、大声を出して助けを求めたりすることができるか不安になりました。
 凶悪な犯罪が後を絶ちません。子供たちを事故や犯罪から守るためには日ごろからよく話し合い、地域の人とのつながりも密接にすることが大切です。
 特に暗くなってから、1人で外出するのは危険です。やむを得ない場合は大人が一緒について行き、子供たちを見守っていくことが必要ではないでしょうか。



 ……あのさぁ。どうしてこういうメディアリテラシー観がゼロ、尚且つスイーツ脳系お花畑おばはんって、子供の犯罪被害に関しては“街の中にきっと潜んでいる変質者”ばっかりのせいにしたがるの?

 “子どもを狙った犯罪が急増”っていう風評、実は都市伝説だってこと、知ってるかね?しかも、子供の殺人被害・性犯罪被害の大部分は圧倒的に【親の仕業】だってこと、分かってんの?

 犯罪白書や犯罪データベース等で調べればすーぐ判ることなのですが、小学生女児(または男児)が性犯罪被害に遭った数は、1963年(昭和38年)が458件なのに対し、2004年は53件にまで減っています。8分の1以下!
 さらに、小学校就学前の幼女/幼少男児が被害に遭った数は1964年(昭和39年)が96件なのに対し、2004年はたったの1件まで落ちているんです。
 どんなに少子化が進んでも、性犯罪は大人側の問題であって、この場合加害者側の年齢層の人口数を考慮に入れなければなりません。よってこの急激な減りようは喜ぶべき……というか、唖然とする程の驚愕すら隠せないのでは?

 もう一度投げかけるよ。『娘が不審者に襲われる』『凶悪な犯罪が後を絶たない』『街中には誘拐犯や変質者ばっかりで今も子供たちが狙われている!!!』などと恐れおののく喧伝の根拠は何なの?

 登下校中の子供を狙った性犯罪・誘拐・殺人はここ50年間低減するばかり。また、近年急激に増加している、などというデータは、なんと、どこにもないんだってば!

 さらに、ここ数年、子供が殺人の被害に遭う事件については、どこぞの変質者の男の仕業ではなく、圧倒的に母親・義理の父親・近所づきあいのあるよその家のお母さん、せっかん死・虐待死・無理心中というケースの方が遥かに多かったんじゃなかったっけ?

 じゃー調べたろ。えーとえーと、警察庁のホームページ[平成18年の犯罪情勢]によるとH18年の子供(20才未満)の殺人被害は、トータル【156件】。内、親の仕業が【143件】!

 何が“街では変質者に気をつけろ”だ!ほとんど9割以上親がぶっ殺してんじゃねーか!!!!!(怒)いい加減な事言うなよ!!!


 てェことは、もっとも傾注するべき子供を襲う危険人物とは、その子供の親であって、“変質者から守るべく街の子供の活動を見張れ”という啓発コンセプトは、全く筋違いの的外れという結論に到らざるを得ないでしょ?ねぇ。

 “自分ら親たちの問題”という現実には目をつぶり、耳をふさぎ、『変質者が狙ってる』などという根拠も根も葉もない、都市伝説レベルの情報源に突如気炎を吐いてこぶしを振るい上げる。
 メディアリテラシー能力ゼロ、愚かで恥ずかしい感情論の塊、冷静明晰な分析力の欠如が甚だしいよ。

 これは、“母親”“保護者”“教育者”という子供殺し予備軍たちによる、責任転嫁のスケープゴート以外の何ものでもありませんね。

 で、政府・警察庁も、テレビ・新聞・週刊誌も、ごく一部の犯罪学者や教育学者(犯罪学者の浜井浩一さんとか、女性と子どもの人権保護問題活動家の森田ゆりさんとか、京都ノートルダム女子大学教授の藤川洋子さんとか)の冷静な論客を除き、なかなか“治安悪化は体感的な都市伝説である”という事実を指摘せず、ひた隠しにするのはなぜ?

 答えは簡単。その方があまりにも都合が良くて美味しいから。

 “子供がねらわれてる!今子供たちが危ない!”とやたらめったらウソついて騒げば、記事は売れる視聴率は跳ね上がる。きっずケータイは売れる防犯カメラは売れる防犯ブザーは品切れ起こす。政治家や警察が“凶悪犯に狙われている子供の安全を守れ!”と言えば支持は集まるわ票はうなぎのぼりだわ町内会合は押すな押すな。
 メディアリテラシー能力ゼロ、頭ン中お花畑の母親・父親なんかいとも簡っ単に操れて、たやすくラクチンにそいつらの上に立ち、甘い汁吸い放題だからなんですってば!

 今の子供たちにとって、街は安全です。昭和の時代の方が遥かに治安が悪かったんです。今の深夜コンビニやネットカフェなんか全然セーフティで、それより昭和30年代の薄暗い路地裏の方が遥かに危険だったに決まってるじゃないですか。

 いいかげんに“恐怖商人”に踊らされている悪夢から目を覚ましたらどうです?このあいだも『犯罪天国ニッポン!』『銃犯罪国家日本!』とか言って、TVタックルが数字欲しさに視聴者脅してがなりたててました。

 しかし、我が日本の平和指数順位は、世界121ヶ国中、第5位。G8中ではナンバー1です。

 まんまと暗示にかかって監視カメラやキッズ携帯、警報ブザー、下卑な週刊誌に散財するのは貴方の勝手ですが、その風潮を撒き散らし、蔓延させるのは、私は人間として看過できませんよ~。

 そうそう、日本列島を《口裂け女》が席巻した1980年前後、教育現場では集団下校や見回り対策を本気で行っていたそうです。
“子供を狙った凶悪犯罪急増!”という吹聴に本気で青ざめて慌てふためく浅慮な親達の醜態は、口裂け女やトンネル幽霊話におびえて児童保護対策案を出す当時の失態と、なんら変わらない次元の話なのです。

 それからそれから。ブログコメントのソースなのですが、『日本の治安は悪くなったと思うか』というアンケートには6割がYesと答えてしまうものの、『では、あなたの住んでる町内の治安は悪くなったと思うか』との問いにYesと答えた人は、たった1割。
 冷静に考えれるよう設問視点をちょいと変えてみれば、みんな治安悪化は幻想と気づかされる。面白い調査結果です。

 さらにオマケ。下の記事は中日新聞朝刊(2007/10/9)の記事から。いとも簡単に都市伝説レベルのデマ情報にパニック起こす母親たちの愚かさが露悪。コレって迷惑だなぁ~ショッピングセンターにとっても。しかもすぐ次の記事では親が2歳児虐待死させてるし……。
 親ってどーっして己が子供を殺す虞犯性を棚に上げといて、風評以下の不審者情報には突如一斉に大熱狂フィーバーするのかしら。
 要は、発掘あるある大辞典見た次の日にスーパーで血相変えて納豆買い占めたエンドユーザーの主婦連中が起こした騒動と、問題の禍根はいっしょですわ。メディアリテラシー能力が空っぽのスイーツ脳ならぬ【あるある脳】とでも呼ぶべきか……。
c0147345_2105750.jpg
 
[PR]
by kitaharak | 2008-01-12 21:03 | マスメディア
 観ました……?日曜の夕方6時に日本テレビでやってた、【開局55年報道特別企画ACTION 日本を動かすプロジェクト】

 客寄せパンダ的芸能人パネリストも先頭に座らせ、あと後ろを半周するように、ずらずらずらずら~~~~~~っと日本テレビ報道スタッフがコロシアムみたいに連綿と構え、そして各司会者・アナウンサーが下世話なテレビドラマみたいにカメラ目線で髪をなびかせる、己のジャーナリズムぶりに悦に入るようなキモいデモンストレーションジングルまで撮って。アンチ日本テレビ派としては虫唾走りました。

 なんかアレ、報道番組というより、完全にグループナルシズムの権力酔い。鼻につく選良意識(自分は選ばれし特別な人間、世界を操作するべく生まれた偉大人、などとおもいあがること)むき出しも甚だしいです。
 あんたたち、なんか勘違いしてるよ。完全に。
[PR]
by kitaharak | 2008-01-07 19:06 | マスメディア
 日本のアキバ系アダルト漫画・アニメ・ゲームを憎悪感情と悪意で吊るし上げ、『このような子どもポルノが世界中から恥といわれている』などという、規制派の人たちの得意げな吹聴について。このような風評、一体誰が何を根拠に言われていることなのか、全く不明です。

 本当の『人間の恥』ってなんでしょう?

 ホモセクシャルを“崇高イスラムの恥”としてみせしめ銃殺刑に処すタリバンやフセイン。
 同性愛行為を“アメリカ国家の恥”として現行犯逮捕する州のあるアメリカ。
 未成年同士の性行為すら法律で禁じ、“紳士の国の恥”として高校生同士のカップルに手錠をかけるイギリス。

 一方で、“性はひとりとり、みんな違って当然だよ”と、表現の自由・自由思想の元に漫画・アニメ・ゲーム・インターネット、あらゆる性表現を国家的に偏見なく甘受する日本。

 本当に世界の恥とすべきは、どちらだと思いますか?

 大食いタレントを逮捕してもアフリカの飢えはなくなりませんよ。
 女装やホモを禁止しても性同一障害等はなくなりません。
 ましてやアニメやゲームなんかも幼女殺人と全っ然関係ないし。

 “アフリカには飢えで苦しんでいる人もいるのに大食い番組とはけしからん!逮捕だ!規制だ!拘留だ!”と大食いタレントを投獄し、グルメバラエティを規制する国なんかより、『是非、お肉・野菜大収穫祭のイベントで、たくさん食べてみせて、美味しさを国民にアピールして下さい!』と、大食いという特異体質を差別せずにきちんと個性・才能として認める国に、私は住みたいです。
 青年が部屋で裸の少女人形を作って着せ替えでいじっていたのを嗅ぎ付けて変態罪として虞犯逮捕する国より、『フィギュア名人!アキバ王!』とクリエイティヴな才能として認め、文化発展させる国に、私は住みたいです。
 ゲイ・ニューハーフを処刑して国と人種の純潔を誇るような宗教国より、『おネェMANS!』『ハードゲイ・フォーッ!』『どんだけー』と、芸能的にも多才に開花させる。そんな国に、私は住みたいです。
 
 現在の日本において、統計上憂慮すべきは両親の児童虐待であって、強引な連想でしか結びつけられないような、無関係な“作品”“才能”を抹殺するような法案、断固反対です。

 何の罪も無い[電車男]を逮捕するような児童ポルノ改正法案、絶対に反対!!



 ……という趣旨のメールを、くだんの【公明党児ポ見直しPT】の丸谷佳織と鰐淵洋子にメールしましたが、返答が来る様子はさっぱりございませんねぇ(笑)。

 一方、ついつい遠慮してしまってこの方へは送りそびれているのですが、規制反対派の松浦大悟参議院議員は、こういった市民のメールや意見には、きちんとお返事をくださるのだそうです。本当に市民の考えを第一に考えてるのはどちらなのか、言うまでもないですね。 
[PR]
by kitaharak | 2008-01-07 09:05 | 規制反対
 私の場合、外出中に喉が渇いたら、自販機やコンビニではなく、神社・仏閣のお水をガブのみします。あのお清めのひしゃくが置いてある手水舎のヤツです。

 手ェ抜いて水道水でごまかしてるトコも多いけど、ちゃんと地下水・湧き水からこんこん~というトコで飲むと、これが結構おいしいのですよ。ついで手も顔も洗ってお清めして参拝も悪くないでし。

 ところが、時々ヘンなコト起こるんですよね。その後自宅に帰ったら玄関の水がめがひとりでに割れて水浸しとか。お寺で鐘突こうとしたらオオスズメバチ(直径中指級のめちゃデカイやつ)が落ちてきて10分ほど腕にとまられたけど刺されなかったりとか。

 で、昨日も初めて水を飲んだ神社のお稲荷さんがあまりにもカワユかったので、周辺クルクルうろつきながらしばしキツネたんを鑑賞。その後、栄のカフェにひとりで入ったら、あら、お水が2つ、おしぼり2つ出てきちゃった。でも気に留めずにデザートバイキングを注文。するとしばらくして切られたレシートは2名分の料金……。

 あの~、また何か連れてきちゃったんですか私……。お店の人に訂正をお願いするまでの10分間、ずっと2名様扱いでした。

 さらに、自宅に帰って台所で食器を磨いていると、『ドシーン!』と背後で誰かがジャンプするような振動音。一人暮らしですよ私(笑)。キツネきゅんや自然霊の守護ならえぇけど、低級な憑依だったらどうしよう……。
c0147345_13143372.jpg

(せかっくなのでデザートブッフェの写真でもどうよ)

◆    ◆    ◆


 さてさて、公明党がなにやら【児童ポルノ法見直しプロジェクトチーム】を発足させたようです。
 チラシの裏さんもコチラのように痛快に一蹴なさってくれてますが、私もココで口を酸っぱくして断罪しているように、“子どもを守ります”なーんて大嘘をよすがに、モー娘のグラビアも禁止しちまえ、美少女フィギュア着せ替えで遊んでるような電車男も変態罪で刑務所おくっちまえ、漫画・アニメ・ゲームもみんな締め上げろ、みたいな話なんですぶっちゃけ。

 今回の一級戦犯は座長の丸谷佳織と事務局長の鰐淵洋子(共に公明党)。

 一方、この度の法改正案のげせぬ問題点や有害情報レッテル貼りを快刀乱麻の両断へと現在挑んでいるのが、松浦大悟参議院議員(現:民主党)。

 公明党、丸谷、鰐淵には反対声明の抗議メールを、松浦さんには声援メールを是非是非送りませう♪
 「そんなの送ってもどうせ無駄」って思っちゃったら負けなのよ?先ずは声を上げなきゃ。
[PR]
by kitaharak | 2008-01-04 13:17 | 規制反対