日本では凶悪事件も少年犯罪も低減中。「有害情報」も「治安悪化」も全てウソ。だまされないで!


by kitaharak

<   2007年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 CBCラジオの朝のワイド番組「朝からPON」パーソナリティで、同局のアナウンサーでもある多田しげお。困ったことに、何か事件がある度に

 『日本は治安が悪化しています』
 『凶悪犯罪が増加してしまいました』

 …という根拠のない虚構報道・虚言を繰り返している人物。

 イギリス人女性英会話講師殺害事件があった時も、『日本は安全な国ではなくなってしまいました』とかほざくし、小学生女児があやめられた事件があれば『子どもは外に遊ばせられない時代』とか言い出すし。

 で、函館でストーカー殺人が起こったからって“50年前に戻って教育方針を一から考え直すべき”などという、今朝もオンエアでタコな空論を展開。困ったもんです。

 その50年前と今と比較して、現在の殺人の発生率は6分の1。なのにどうして殺人6倍の頃の教育方針に一から戻さねばならない訳?寝言いわんといて下さい。
 しかも、年齢世代別の犯罪率ではあんたたち団塊世代の犯罪率がもっとも多く、もっとも凶暴だってこと、知らないんですかね。

戦後最もキレやすかったのは、昭和35年の17歳です。
50代後半の人間の増加は、社会に重大な影響を及ぼします。


 というか、意地でも認めたがらないんでしょうね。おぞましい時代だったのは昭和期で、昔より今の方が身も心も文化も全て清廉だっていう真実。“治安悪化!凶悪犯罪増加!”ってラジオで不安煽れば数字取れるっていう思惑も考えられますが、本音はこっちでしょう。

 それにしても、もうずーっと前から、私、同じ趣旨の指摘・忠告・書注意を番組宛に送ってやってんだけど。このヒト本気で意地になってるみたい……。

 でも、ホントは私多田しげおとかつぼイノリオのしゃべくりは結構好きでして(笑)、それで朝は必ずCBCラジオを点けてるんです。東海ラジオでいうと、勘違いカリスマ気取りの源石和輝のトークなんて最悪ですものね~。
[PR]
by kitaharak | 2007-11-27 18:48 | 少年犯罪
c0147345_9523282.jpg

 んにゃー。また愛猫ギャーコが鳴いてる。この声の抑揚は“ごはん”より“だっこ”のさいそくね。

 ……と思ったら、ファンヒーターの前で猫は熟睡してますが。あら?たった今、あなたはっきり鳴いたじゃない。

 ……つまり寝言だったようです。どうやら。


 さて、また面白そうな本が出てますね。


■常識はウソだらけ/日垣隆 ワック出版


 ダイオキシン問題や『買ってはいけない!』のウソを暴いてきた著者が、身近にある偽造された"常識"を、第一人者を迎えて徹底検証する。
◎リサイクルは善だ
◎定期健診は病気を予防する
◎凶悪犯罪は増えている
◎カウンセラーは必要だ
などは、全部ウソ。8つのタブー領域に踏み込みます。


 とのこと。

 特に、凶悪犯罪増加はTV新聞マスメディアによる幻想である(だって、“ますます日本は安全です”っていうきちんと数字に基づいた報道番組より、“凶悪犯罪続発!子供達を守れ2時間スペシャル!”っていう大ウソ討論番組の方が20倍の視聴率とれるでしょ?)、とか。
 リサイクル運動が環境に逆効果(だってリサイクル業者って本当に資源ごみ再利用しようとすると資源も人件費も7倍かかるからって、結局全部こっそり裏で燃やしちゃってて、なのにそれで市からお金もらってるんだし)、とか。
 そういう真実って、ようやく近年しっかり指摘されるようになってきた事項。この書物でまた一歩、感情論で暴走する世の中の軌道修正が進められそうです。
[PR]
by kitaharak | 2007-11-25 09:54 | ぬこトーク

斧と首狩りの少年犯罪史

 最近ちまたではソフトクリームマシンとフルーツバーを解放してセルフでパフェを作ることのできる、そんなデザートバイキングを食後に嗜めるカフェが流行っています。

 ところが、以下のお店。

・太陽のカフェ
・太陽のパスタ
・大地のカフェ
・大地のテーブル
・2丁目Cafe


 これ、全部違う会社運営の、全部違うお店なんですが、みんなみんな、前述のおんなじようなセルフパフェサービスをやってるカフェなんです。お食事+400円ぐらいで、単品なら800円ぐらいっていう、サービス内容もそっくり!

 一体どれが元祖でどれが亜流?どれが本家でどれが尻馬?オリジナルはどこでエピゴーネンはどこ???もはや訳わかめです。

 それでもまぁ安くて美味しければいーやということで、《太陽のカフェ 矢場町店》でソフトクリームパフェ食べ放題をやってきました。白玉あずきと黒蜜大量がけも美味しかったし、ストロベリーソース&ブルーベリーソースをマックサンデーのごとく盛り付けたのも食べ放題できて、誠にシアワセでございました。帰りは寒空の中体冷えて血も凍りましたが(あほや)。

c0147345_21175141.jpg


 閑話休題っ。

 先日、検索で調べ物してたら、ヤフー知恵袋で

 『どうして少年犯罪が凶悪化したのでしょうか?』

 などという、また“きちんと物を調べずに恣意的に治安悪化を印象づけたがる”系の、困ったお方のスレッドを発見。
 だからさーあ、少年犯罪凶悪化・低年齢化は、無知とマスコミ印象操作が築き上げた幻想だってば!……と思ったら、《それは誤りの体感治安である!》という、犯罪統計上による根拠をつきつけた痛快な回答が“ベストアンサー”に選ばれていました。以下、内容を転記させて頂きマース♪


昔から少年による異常な事件などゴロゴロありました。

14歳以下の殺人
http://kangaeru.s59.xrea.com/13.htm
少年犯罪は増えていない (ただし平成12年でデータは切れている)
http://mazzan.at.infoseek.co.jp/lesson2.html
少年の異常殺人の具体事例
http://kangaeru.s59.xrea.com/ijou.htm

昭和35年版「犯罪白書」。これによると当時の少年犯罪の特
徴を次のようなものだとしているが。
1.即行性ー熟慮せずに、無計画に犯行に及ぶ。
2.享楽性ー生活のためと言うよりも、享楽的な動機で犯行に及ぶ。
3.集団性ー単独でなく、集団で犯罪に走る。
4.攻撃性ー大人や権威に対する強い反抗心を持ち、自分が権威にな
りたい欲望も絡み合い、攻撃的になっている。
5.過剰性ー金品を取れば十分なのに、さらに人や動物まで殺す。
「無動機な犯罪」「理由なき犯罪」はこの過剰性の一面。

昭和35年の時点で「動機なき犯罪」なんて言葉が出てくるとは思わなかった。

なお参考までに日本成人も含めた犯罪データです。
見てのとおり昔の方が遥かに殺人、強姦は多かったのです。
日本殺人・強姦認知件数
S30 3,066 4046
S35 2,844 6342
S40 2,379 6648
S45 1989 5160
S50 2,024 3704
S55 1684 2610
S60 1,780 1802
H01 1,308 1548
H10 1,388 1873
H15 1,452 2472
H18 1.309 1948

(以上、転記終わり)

 お見事!切り口鮮やか、快哉!

 ところが!だがしかしですよ。ここまで分かり易く解説してもらったってのに、質問者がまだこだわってて、

 『少年犯罪は減少してるし凶悪化してないと指摘がありましたが、少なくとも親を斧で襲ったり、首をはねるといったことはなかったと思います』

 とか追記してる。このヒトまだ少年凶悪化の妄執にしがみついてるよバカダネー(笑)。

 もう[解決済み]モードで投稿できないみたいだから、ココで私が指摘しちゃいましょう。斧や首狩りにこだわってるみたいだからそのテの事件の、ほんの一例。てい!

◆昭和20年、17歳が一家5人をかなづちと斧でめったうち惨殺


◆昭和44年、高1のいじめ復讐首切り殺人事件


 リンク先の参照サイトを開けば分かりますが、この2件、ほんの一例に過ぎません。少年が斧で一家惨殺とか、少年首狩り殺人とか。戦前にも昭和時代にもゴロゴロ起きてます。

 いかに、マスメディアで発言している人が、何の根拠もなく、調査も精査もせず、口からでまかせを無責任に少年犯罪論をくっちゃべっているかが露悪していますよね。やれやれ……。 
[PR]
by kitaharak | 2007-11-23 21:23 | 少年犯罪
  『香田証生さん事件を真似するクソガキども』というユーチューブの動画に対し、コメントで激しい非難が集中してるようですが………・。

 いや、誰しも“おバカ中学生時代”のようなこういう時期、あったはずですよ。ある意味成長過程でこういう時期を経ていることは、健全と言えます。因みに私の中学生時代、クラスメートが中国残留孤児の方のテレビの号泣場面のモノマネをするという不謹慎ギャグで人気を博していました。

 サンタクロースを信じる時期があったからこそ、今の大人の自分がいる。エロ本を秘密基地に隠す時期があったからこそ、今の大人の自分がいる。結婚前に女あそびの時期があったからこそ、家族を大事にできる今のお父さんがいる……。

 だから、みんなこういう悪ふざけの時期があって、それで大人になれたはずなんです。

 逆に、親は教師・医者みないなガチガチ家庭での『お父様・お母様・先生おはようございます!』みたいな、美徳・純潔・抑圧教育の方が私は怖いです。

 問題は、コレをネットアップロードしたことにより遺族側にとってセカンド的な被害になるかどうか、ですね。
[PR]
by kitaharak | 2007-11-21 07:23 | ユーチューブ
c0147345_20154286.jpg

 わたくしめ近年ゲーセンからは足が離れ気味だったのですが、最近伏見駅前のゲーセン《クラブセガ名古屋伏見》に置いてある「スパイダーマン」のピンボールでよく遊んでます。

 ていうか、いまどきピンボールですよなんと珍しい。故障多いわメンテナンス大変だわ筐体デカくて邪魔だわ、マニアはリプレイ繰り返して何時間も占領する割にはフツーの人は1分で終わって全然つまらんわ、日本のパチスロみたいにいろいろ新機軸取り入れて発展すればいいのにいつまで経っても全然進化しないわ。そんなこんなでアーケードで絶滅したたはずのピンボールが、突然ゆかりのないセガの店に登場。何事かしら。

 話によるとロケテスト台だそーで、今のところ「スパイダーマン」のピンボールは日本に1台、このクラブセガ伏見にしか存在してないそうです。東京からマニアがおしかけて何時間もやってるとか……。お好きな方はどうぞ。設定甘いので上手な人なら100円で1時間あそべます。


 さて今回の本題。映画雑誌の整理をしていたら田坂具隆監督作品に関する面白い記事が。
 1950年代、「太陽の季節」「狂った果実」等々、“日活太陽族映画”というのが一大ブームになりかけたのですが………

 『良俗破壊の太陽族映画を許すな!日活は若者を不良化させる映画製作を今すぐやめろ!』

 などという、通称“おしゃもじおばさん”と呼ばれた主婦連合が非難の署名運動と反対活動を展開(馬鹿だなぁ)。その後の予定されていた石原裕次郎主演の太陽族シリーズの撮影が中止させられた―――そんな経緯があったそうです。

 一方時は'70年代。今度は、

 『子どもたちを精神を蝕む俗悪番組を追放せよ!』

 と、「8時だョ!全員集合」を打ち切らせるべく、“俗悪番組追放!”と打たれたステッカーをわざわざ費用を負担しあってまで発行、『これをテレビに必ず貼って下さい!!』とキリキリめくじら立てながら各家庭に配布してまわったPTA団体がいたそうです(本当に馬鹿だなぁ…)。

 どちらも、今から鑑みれば、どうってことないコンテンツ内容に対し、ナニを一体激高しているのやら???と首をかしげるような、頭ガチガチ驕りの過ぎる傲慢教育者たちによる困ったムーヴメントでした。
 かように、“青少年健全育成”をよすがにしているものの、実の本質は己の憎悪エゴや毛嫌い感情で行なう規制や弾圧運動を【憎悪規制】【憎悪弾圧】と言います。覚えておきましょう。
 でも、時代は変われど、現在も同じようなタイプの連中が同じようなことしでかしている訳で。今で言うと【有害メディア規制運動】がその典型でしょう。

 冷静に見れば、とても馬鹿げた話ばかり。今後ひとつひとつブログとサイトで紐解いてゆきましょう。
[PR]
by kitaharak | 2007-11-19 20:25 | 規制反対
 いじめの認知(発生)件数※05年度まで発生件数、06年度からは認知件数

 全国の国公私立小中高校などで06年度に認知されたいじめの件数が12万4898件に上ることが、文部科学省の調査で分かった。昨年からのいじめ自殺問題を受け、今回はいじめの定義を変更し、対象も国公私立に拡大。公立だけを調査した05年度より6倍以上になった。自殺した児童・生徒は計171人で、このうち6人は「いじめ」が一因だった。校内暴力は4万19件で05年度より約1万件増加した。

 調査は全国の国公私立小中高校と特殊教育諸学校の計約4万校を対象に実施した。いじめの認知件数は▽小学校6万897件▽中学校5万1310件▽高校1万2307件などで、公立(11万9360件)だけで比較しても05年度(2万143件)より6倍近くになった。内容(複数回答)は「冷やかしやからかい」(66.3%)が最も多く、「仲間外れや無視」(25.4%)、「遊ぶふりをしてたたかれたりけられる」(18.2%)と続いた。インターネットのブログなどに住所や顔写真を掲載されるなどのいじめも5000件近く(3.9%)あった。

 いじめが認知された学校は全体の55.0%にあたる2万2159校。都道府県別の1000人当たりの認知件数が多い▽熊本50.3件▽福井36.2件▽岐阜30.1件などと、少ない▽鳥取2.1件▽和歌山2.5件▽福島・広島2.8件などでばらつきが大きかった。

 自殺者は、▽小学生2人▽中学生41人▽高校生128人で、理由(複数回答)のうち「いじめ自殺」は3.5%に当たる6人だった。このうち1人は名古屋市千種区の名古屋大教育学部付属高校3年生の女子生徒(当時17歳)と新たに判明。学校は「交友関係の行き違いと判断したが、保護者の指摘でいじめと報告した」と説明している。

 校内暴力は▽小学校3494件▽中学校2万7540件▽高校8985件で、全体の2割弱の学校で発生。調査対象に国私立を加えたこともあり、小学校と高校が05年度比で7割強も増えた。公立だけで比較しても約2割増加している。【高山純二】

 ▽いじめの定義 05年度調査までの定義はいじめについて(1)一方的(2)継続的(3)深刻な--の3要件が示され、一つでも満たさない場合はいじめと判断されない例があった。99~05年度のいじめを原因とする自殺はゼロだったため、「実態を反映していない」と批判の声が出た。これを受け文部科学省は06年度から「一定の人間関係のある者から、心理的・物理的な攻撃を受けたことにより、精神的な苦痛を感じているもの」などと定義を改めた。【高山純二】
c0147345_8483775.jpg




 ……とのこと。子供たちの情操が近年極めて悪化、陰湿化してるような筆致っぷりですが、いっしょに転記した同誌のいじめ発生件数グラフの推移を見れば分かるように、実は6倍増という数字は統計方法を変えただけのことで、実質は徐々に低減・安定傾向があったことが分かります。

 ここで大人たちが取るべき最たる対応は、実は過剰反応して社会不安を掻き立てて本質を見誤らないこと。きちんと調べれば、凶悪化も陰湿化もしてないのですから。

 日本で何よりも凶悪だったのは戦前及び戦後20年間の子供たちであることをお忘れなく。
[PR]
by kitaharak | 2007-11-18 08:49 | いじめ
 昨日、ポストに入ってたヘンな新興宗教の勧誘チラシ。

 『心の教育が求められる今、日本の心を取り戻しましょう~/いじめ、不登校、学級崩壊、少女売春、覚せい剤の乱用……青少年の問題が全国に広がり、これまでの教育を根本的見直さなければならないと多くの人が感じています。家庭でのしつけ、学校における道徳教育の実施、歴史教育で教える内容、子供向けのテレビや雑誌の在り方など、見直されるべき点が、実に多く挙げられています。そこで強く求められるの……それが心の教育です(後略)』

 だってさ。このように、事実無根のありもしない治安低下を煽情し、社会不安をあおり、自ずの優位を語って勧誘・宣伝をぶち、目的を達成しようとするずるがしこい行為を《マッチポンプ》と言います。つまり自分で火ィつけて自分で消化ってこと。覚えておきましょう。

 このチラシ、知った風につらつらと深刻な社会問題が蔓延している口ぶりですが、どれもこれも、近年極端に悪化しているデータは、実は統計上一切出ていません。全て視聴率・売り上げ部数の偏重のマスコミによる印象操作によって植えつけられているモノだということを冷静に把握しましょう。

 よく、治安悪化は体感的なものだと指摘すると、“注意喚起になるからそれでいい”と言い出す輩がいますが、かように社会不安煽情は、新興宗教や詐欺、セキュリティ系セールス、政治的悪用の際に人の不安に付け込む材料として大いに重宝されます。とにもかくにも、今の日本における体感治安悪化を解消しましょう。

 尚、もっとも凶悪なのは現在の子供たちではなく団塊の世代、と指摘した興味深い論文があります。一軒の価値大有り!

《反社会学講座/キレやすいのは誰だ》

c0147345_2055578.jpg

[PR]
by kitaharak | 2007-11-15 20:54 | 少年犯罪
 やーやーやー、ありがたやありがたや。まだ完動品だけど捨てるつもりの電気ファンヒーターをヤフオクへ90円で出品したら、710円の値がついて無事落札。
 2回落ちずに3巡目に突入してたから、もう捨てようかと思ってたのに。やはり最後まであきらてはなりません。やれめだたや。

 ところで。

 先日、中日新聞の読者投稿欄【発言】のコーナーで、

 【子供の凶悪化 ゲーム一因】
 ……などという、もうさんざん語りつくされ、尚且つとっくに否定論が立証されてるヴェクトルの、ビデオゲーム叩きの投稿があって笑ってしまいましたが。

 『中学生や高校生による殺人事件が後を絶たない。子供が親を殺すなど、考えられないような凶悪な犯罪が起きている。』『ゲーム機の影響』『暴力シーンが多く、人を殺す場面も目立つ。こうした命を大切にしないゲームソフトが増えたことが、子供の犯罪が凶悪化した~云々』

 ……なんだそーです(笑)。

 容赦なくツッコミ入れちゃうと、

①【子供の凶悪化 少年犯罪増加】そんな事実、日本のどこにもアリマセン。

 統計では、若干の波はあるものの、少年犯罪は年々低減、安定しつつあります。
 少年犯罪データベースWikiに、とても分かり易い統計グラフが算出されています。こちらによると、未成年による強盗・殺人・強姦がもっとも多かったのは、昭和30年代・三丁目の夕日時代です。
 “未成年による殺人件数”にスポットをあてると、今より単純数だと8倍(448人→62人)、未成年人口比率だと5倍(2.55→0.48)。
 平成の深夜ゲーセン、夜中のネットカフェ、夜明けのコンビニなんかより、昭和時代の薄暗~い路地裏の方が、よっぽど怖いトコだったのよ。


②【ゲームが原因で子供が凶悪化】そんな統計も臨床結果も、一切出ていません。

 え~~家庭用テレビゲームの歴史のランドマークを辿ると、1975年にエポックが家庭用に発売した「テレビテニス」、任天堂'76年の「テレビゲーム15」、エポック社'81年の「カセットビジョン」、あとは'83年ファミリーコンピューター、'90年セガのメガドライブと任天堂スーパーファミコン、ソニーのプレステ……と時代が下ってくる訳ですが、少年凶悪期ピークの昭和30年代から40年代初頭にかけて、テレビゲームなんてもの、ご家庭にもアーケードにも一切ございませんっ。
 野球マシンとか競馬ゲームとかガンゲームとかピンボールとか、そういうヤツがデパートの屋上にあるくらいなのよね。
 それどころか、テレビゲームが普及して市民権を得れば得るほど、青少年の治安は安定化しています。先ほどのサイトの統計グラフ見れば一目瞭然。

 理由は簡単。やっぱり、手軽な娯楽や、一生懸命夢中になれるものが身近にある社会というのは、誰にとっても健全な暮らしが送れるものなのですな。個人個人の趣味嗜好が認められるのは大事なこと。


 ……で、この投稿を送ったの、【豊橋市 木下皓基 中学生15歳】とか書いてあるけど、親の偏った価値観や[体感治安][世論操作]に操られ、ありもしない影や幽霊におびえている……という訳でもないと思いますよ。

 採用されることをいかにも狙った、さぞ新聞編集側や世相が喜びそうな、白々しーい内容でピンと来ませんか。

 そう!コレ多分、偽名と詐称年齢ですよ(笑)。トシを中学生とか高校生とか、はたまた80の爺さんとかいつわって、掲載を狙う新聞投稿欄マニア!実はたっくさんいるんです。


 あーそうそう、投書の木下くん、コレを読みなさい。

『戦前の少年犯罪』!管賀 江留郎 (著)、築地書館発行。
 以下、内容紹介。

昭和2年、小学校で9歳の女の子が同級生殺害
昭和14年、14歳が幼女2人を殺してから死体レイプ
昭和17年、18歳が9人連続殺人
親殺し、祖父母殺しも続発!

現代より遥かに凶悪で不可解な心の闇を抱える、
恐るべき子どもたちの犯罪目録!

なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?
発掘された膨大な実証データによって
戦前の道徳崩壊の凄まじさがいま明らかにされる!
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに
妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!


(↓くだんの中日新聞、'07年11月9日朝刊 発言の掲載投稿より。まぁ以前からダメダメなコーナーなんだけどね)
c0147345_9183168.jpg

[PR]
by kitaharak | 2007-11-12 13:57
 “北原”は、現在8本ものホームページを運営中です。更新しようにも、もはや首が全然マワリマセン。あらあら。

 しかも、もうすぐ9本目のサイトが完成予定。やれやれ。

 そこで、時事ネタ・社会ネタをテーマとした新規サイトをポータル的な位置づけに据えて、そこを経由とした共通ブログをここにオープンすることにしました。

 そんな訳で、おメメ汚しに今後もお付き合いの程を、ドゾドゾよろしくナニトゾどーぞ。
[PR]
by kitaharak | 2007-11-11 18:48