日本では凶悪事件も少年犯罪も低減中。「有害情報」も「治安悪化」も全てウソ。だまされないで!


by kitaharak

カテゴリ:ぬこトーク( 8 )

うえぇぇぇぇぇん

c0147345_2133061.jpg
 享年17歳のギャーコが他界して1週間経ちました。

 床に崩れ落ちて号泣するような時期は過ぎたものの、ギャーコが居た頃の生活習慣を未だ拭い去ることができません。

 やっぱ厳しいですね。大家族で犬猫わらわら飼ってた頃なら愛別離苦も皆で分かち合って立ち直れますが、今や当方はひとり暮らし。一人と1匹で10年間一緒だったんですもの(前任の飼い主2年、職場事務所半野良で5年、私が人事異動を期に自宅にお持ち帰りで10年)。

 特に、生前もっともやっかいな仕事のひとつだったはずのトイレの猫砂を目にするのが一番つらいですよ。
 土曜日の掃除の日に片付けようと思っていたものの、当然のことながら何度覗きにいっても砂の表面は二度と波立つことがない。乱れず汚れず、真っ平らな寂寞が横たわるばかり。死んで3日目ぐらいで発狂しそうになりました。
 全く変化しなくなった猫トイレの様相がそれはそれは恐ろしく、まるで幽霊を見てるようなおぞましい悪寒。逆なのにね。猫砂を猫トイレごと慌てて片付けました。

 おかげでここ数日は、

“ンギャーオ!”
「ギャーコただいまー」
“ンギァーウ!”
「はいはい、ゴハン開けるわね」


 ……と、ギャーコの鳴き真似を交え、ひとりでぬことの会話を再現するのが帰宅時の習慣に。
 そういえば「サイコ」のアンソニー・パーキンスや「悪魔のシスター」のマーゴット・キッダーも同じことしてたっけ。最愛の家族を失うとこうなるのね。


 そんな訳で、ギャーコが生きてた頃の怪奇現象談のひとつでも。


 6年くらい前でしょうか。木枯らし吹きすさぶ晴れた初冬のある日、「さぁ今日は部屋の掃除をするべー」と窓を開けたら、裏のマンションの遥か階上から人が降ってきました。

 人類滅亡を招くペンダントをした少女などではありません。中年女性の飛び降りです。

 ちょうど部屋の窓をガラっと開けた超バッドタイミング。『ズバァーン!』という衝撃音。そのヒトはピクリとも動きません(即死状態で助かりませんでした)。

 救急車を呼ぼうと119番したところ、既にそのマンションの住民が通報していたそうで。
 受話器を置いてしばらく動向を見守っていたところ、眠りこけていたギャーコがビクッ!!と飛び起きるように何かに反応、そそくさと外に出て、隣家の屋根から、そのご遺体をじ~~~~~~っと凝視してるんです。耳は後ろに吊り気味でしっぽも緊張してフリフリ。
 一体ギャーコは何を察知して、何を見ていたのか。それは、本猫(ほんにゃん)に訊いてみない限り分かりません。

 因みに、そばにちょうどデジカメもありましたが、まさか撮ったりはしませんでしたよ。だって、『おまえ撮ったなぁー』とか呪怨みたいなのが写ってたらいやですものー。
c0147345_2134268.jpg
c0147345_1002045.jpg
c0147345_1005769.jpg



〓本日の動画特集。〓

 今日は「KIRIN NUDA」CM特集。本物とMADが混ざってますのでご注意を。

キャプテン翼で「NUDA」
エウレカセブンで「NUDA」
初音ミクで「NUDA」
ドナルド教祖で「NUDA」
江頭2:50で「NUDA」
森の熊さんで「NUDA」
キーボードクラッシャーで「NUDA」
サザエさんで「NUDA」
[PR]
by kitaharak | 2010-05-16 21:08 | ぬこトーク

訃報

c0147345_18522386.jpg

 かねてから病気療養中でした、管理人愛猫兼当ブログのロゴ画像看板ぬこのギャーコ(♀)が、本日2010年5月9日未明、腎不全のため永眠しました。享年17歳。

 尚、葬儀は近親者のみで執り行いますので、お香典・供物はお気持ちだけ頂いた上、謹んで辞退させて頂きます。
c0147345_18524933.jpg

 さよならギャーコ。

[PR]
by kitaharak | 2010-05-09 18:57 | ぬこトーク

ギャーコの容態 その後

c0147345_6562311.jpg
 過日、うちの16才半の老ぬこが失明してしまったのではないか…と報告しましたが、その後、無事視力回復しまして、今では外の日向ぼっこにも自由にゆきき出来るまでになりました。

 “血圧を下げる人間用の錠剤をネコ用の量に粉砕したもの”(10日分1,700円……)を獣医の指導で飲ませ続けたところ、変化が現れてきまして。
 ほとんど影のようなぼんやり程度だったと思うのですが、初めて私の姿に反応して“ぎやー”と鳴いてくれた時は、誠に感動致しまして。
 その後、「近くのものは見えにくいが遠くのものは見える」ところまで回復。今でも若干遠視がちなものの、無事日常生活は艱難なくおくれるようになりました。

 薬はもう飲ませてないけど、現状は維持できてるみたいで一安心。「猫缶なんか食べないわ!ネコじゃあるまいし。アレもキラーイ!コレもイヤー!」と我侭ぶりも復活。ありがたや、ありがたや。

 今後も私の念力であと10年は生命永らえさせる予定。


〓本日の動画特集。〓

 急にビハインドザマスクが聴きたくなったので、今回はY.M.O.特集でも。無断あぷには寛容でらっしゃるようで、ようつべもニコ動も結構自由にアップロードされてます。

オリジナル「ライディーン」
ライヴ「コズミック・サーフィン」
オリジナル「ビハインド・ザ・マスク」
VOCALOIDリン,レン,ミクの「君に胸キュン」
忌野清志郎&坂本龍一「い・け・な・い ルージュマジック」(今見てもすげぇ!!必見)
[PR]
by kitaharak | 2009-12-21 07:00 | ぬこトーク
c0147345_134424.jpg
 推定16才半、公園野良上がりのグレイ毛並みのメス。名はギャーコと申しまして。

 当ブログの左フレームトップのロゴ画像のぬこ様が、まさに彼女。ただしソレは1996年頃の撮影で、上記の画像が今のギャーコ。人間でいうと、おんとし95才ぐらい

 兆候はつい先週。高いところから飛び降りる際にやたら怖気ずくのが発端でした。いつもなら難なく飛び降りるのに。しかも、着地の際に思い切り物にぶつかったり、逆に飛び乗りで失敗を繰り返すように。

 もうトシだからね~足腰が弱くなったのか……と部屋の各調度品配置やレイアウトを工夫しようとするも、どうも様子がおかしい。

 おやつの時間にコーヒーフレッシュを開けて目の前に差し出しても、気づかない。すぐ足元に大好物があるのに、天井の蛍光灯の灯りばかり見上げて“まだ?早く!”と鳴き続ける状態。

 しかも、瞳孔が昼も夜も開きっぱなし。真っ昼間窓から陽が燦々、という時も目が丸々と広がったまま。

 目の前で、手や指をネコが喜びそうな動きでヒラヒラとさせても、反応なし。ネコ砂トイレやご飯、水の飲み場にたどり着くのも、随所で足を踏み外したり、壁や物にヒゲを何度も接触させながら、おぼつかないそぶりでどうにか到着。

 見えてない。絶対見えてないよこの仔。

 『(獣医さんが両手で猫の顔を覆う素振りをしながら)あー、このコ全然見えてないですね』
 『(再び、ペンライトのようなモノでネコの両目を照らしながら)光への反応がほんの僅かあるぐらいです』

 『高血圧による網膜への圧迫が原因と思われます。(検査の結果)網膜はく離や出血はありませんでしたが、網膜がかなり疲弊している可能性があります。血圧を下げる薬をお出しておきますね』


 とは、獣医の診断。もし血圧が下がっても視力が回復するかどうかは分からない、とのこと。

 で、ここんとこ数日、ギャーコの介護に追われています私。以前から非常に口やかましい老ぬこだったのですが、今や「ここはどこ?ロフトベッドから降りたい!あそこに行きたい!下駄箱の上に乗りたいの!」と朝昼晩、深夜早朝、矢継ぎ早に私はぬこ様に呼びつけられています。その度に駆けつけてぬこを抱き上げては上げ下ろし。

 以前から既に腎臓の3分の2を患った老猫だったので、きっと数年以内に限界が来て腎不全で尿毒症を起こし、1週間ほど寝込んで余命まっとう……てのを予想していたのに、まさか高血圧で失明、なんて晩年を過ごすことになるなんて。

 ついさっきもですよ。ギャーコがむこうでわんわん鳴きやまない状態にあったんだけど、どうしても手が離せないので放っておいたら、『とん・たん・しゅと!』…と、[床]→[石油ヒーターの上]ー→[デスク]→[ロフトベッド]へ、勝手に自分で飛び乗って、すやすや毛布で丸くなってるし。まったく人を呼びつけておきながらもー。

 ……あ、あれ???
[PR]
by kitaharak | 2009-11-25 13:48 | ぬこトーク

猫様を拝んできました

c0147345_10214619.jpg

[PR]
by kitaharak | 2009-08-03 10:22 | ぬこトーク

ワイルドぬこたん

c0147345_20153448.jpg

 あら♪カワイイ。山奥の野ネコって、こん~なデッカいウサギ喰っちゃうのね。ガンバレーのらぬこたん。

 しかし、このワイルドなぬこショットの出典が、中日新聞2008年8月5日朝刊の、奄美大島希少種アマミノクロウサギ絶滅を危惧した野良猫バッシング記事だったたぁ、口が裂けても言えませんわ。
[PR]
by kitaharak | 2008-08-06 20:17 | ぬこトーク

ぬこトーク3連発

【ぬこトークそにょいちー】
 先日買い物途中に散歩がてら遠回りのみちほどを進んでいると、あら、古びたイナタい床屋さんの前につながれた爆睡メスぬこと、放し飼いですまし顔のメスの秋田犬が、夏の午後をまったりくつろいでますよ。
 こういう時にぬこ萌えの私は、怖がらせないようにうまーく近づきます。
 ぬこのシロートはドヤドヤッと近づいてわっと覆いかぶさるようにして手を出しますが、当然なでれずにピャッと逃げられます。ヌコという臆病ないきものにそんな近づき方しちゃダメでつよ。
 だから私は目をそらして姿勢を低くしながら静かに近づき、手の甲をぬこの鼻先にやや近づけてしばらくクンクンさせ、安心させきったところで、“おちりツトツト”や“クビのどぐりぐり”でかいぐりを開始します。
 やがてソイツは一層ご機嫌になってゴロリ腹見せしてきたので、私も顔をうずめてフンガー!フゴー!とマニアなプレイに恍惚。
 ところが、その様子を終始むっ!とした顔で睨んでいたのがお犬さん。
 「ぬこばっかりづるい!あたしは?…ねぇ!」
 というオーラを送っていたものの、無視してぬこに萌えていたところ、その犬はトコトコっとやってきて、わざわざぬこの顔の上にのしっ!と座り込んでジロッと私に流し目。
 「あ・た・し!あたしも可愛がるの!」
 という視線を送ってきたので、わかったわかった、すまなかった、と、犬も必死にぐりぐり可愛がって、その床屋の前を後にしましたとさ。 


【ぬこトークそにょにー】
ニュース番組になぜか猫がレギュラー出演、自由気ままにセットの中を徘徊
 アメショーぬこのマーゴがニュース生放送中にスタジオを縦横無尽するテレビ東京の番組《週刊ニュース新書》。土曜午前11時半。
 前にもココで話題に上げましたが、今や更なる耳目を集め、番組本来の層とは違うヴェクトルの視聴率と人気をかもしているげな。
 プロダクションのぬこだからトイレとかは全然大丈夫だし本にゃんも余裕綽綽だけど、本番中テーブルの上でゲロロとかはダイジョウブかしら。どんなに躾けてもおゲロだけはなんともならないのよねヌコの場合。

【ぬこトークそにょさんー】
猫のIQテスト天才レベル/秀才レベル/凡猫レベル/おバカレベル
 これ、ぬこの知能指数を図るというより、本猫(ほんにゃん)の性格や飼い主のしつけによるところも大きいと思うのですが?もちろん、親方化する雄ネコと、女王様状態になる雌ネコとでも、大分違うと思うし?
 因みにウチのギャーコ(♀)で試したところ、[秀才レベル]の判定。

 せっかくなのでギャーコの写真でも。
c0147345_10503522.jpg
 ギャー。まぁ夏ですから
[PR]
by kitaharak | 2008-07-14 10:56 | ぬこトーク
c0147345_9523282.jpg

 んにゃー。また愛猫ギャーコが鳴いてる。この声の抑揚は“ごはん”より“だっこ”のさいそくね。

 ……と思ったら、ファンヒーターの前で猫は熟睡してますが。あら?たった今、あなたはっきり鳴いたじゃない。

 ……つまり寝言だったようです。どうやら。


 さて、また面白そうな本が出てますね。


■常識はウソだらけ/日垣隆 ワック出版


 ダイオキシン問題や『買ってはいけない!』のウソを暴いてきた著者が、身近にある偽造された"常識"を、第一人者を迎えて徹底検証する。
◎リサイクルは善だ
◎定期健診は病気を予防する
◎凶悪犯罪は増えている
◎カウンセラーは必要だ
などは、全部ウソ。8つのタブー領域に踏み込みます。


 とのこと。

 特に、凶悪犯罪増加はTV新聞マスメディアによる幻想である(だって、“ますます日本は安全です”っていうきちんと数字に基づいた報道番組より、“凶悪犯罪続発!子供達を守れ2時間スペシャル!”っていう大ウソ討論番組の方が20倍の視聴率とれるでしょ?)、とか。
 リサイクル運動が環境に逆効果(だってリサイクル業者って本当に資源ごみ再利用しようとすると資源も人件費も7倍かかるからって、結局全部こっそり裏で燃やしちゃってて、なのにそれで市からお金もらってるんだし)、とか。
 そういう真実って、ようやく近年しっかり指摘されるようになってきた事項。この書物でまた一歩、感情論で暴走する世の中の軌道修正が進められそうです。
[PR]
by kitaharak | 2007-11-25 09:54 | ぬこトーク