日本では凶悪事件も少年犯罪も低減中。「有害情報」も「治安悪化」も全てウソ。だまされないで!


by kitaharak

カテゴリ:未分類( 5 )

 取り急ぎリンクだけでも。

速報 産経が動いた!国籍法改正案の問題でマスコミが動く!from:Me pudet imprudentiae meae.さん

 反対署名議員さんの中には、表現規制反対派や慎重姿勢派の隻眼の議員さんも何人か見られ、さすが!と膝を打ちました。とにかく私たちも頑張ってまいりましょう。
[PR]
by kitaharak | 2008-11-17 10:38
 超~~~~大急ぎで、本家サイト児ポ法改正反対に関する新しいページと、改正反対意見書のテンプレートページをアップロードしました。取り急ぎです。
[PR]
by kitaharak | 2008-02-16 00:30
c0147345_7403271.jpg

 中日新聞2007年12月11日づけの朝刊[生活図鑑]にて、コンシューマーのビデオゲームの意識調査と言えるものが掲載されていました。

 近年WiiとDSの快進撃により、家庭用ハード・ソフトの市場が大きく復興したのみならず、かつては毛嫌いする大人たちから憎悪感情だけで一方的に悪玉扱いされていたビデオゲームのイメージが大幅に快方していることが、具体的な数字により裏づけられました。
 特に60代以上の高年齢層のゲーム参加人口増加が芳しく、しかもその年齢層では男性より女性の参入が多い、というのが面白いです。

 記事内容も、「リセット思考になる」「暴力的になる」などという根拠のない偏見回答を、そらみろ!とあげつらえたりせず、利点もきちんとあげた公平な記事にまとめている点には好感が持てました(因みに“ゲーム脳説”って、ゲーム中の子どもの脳は、チェスチャンピオンや囲碁・将棋名人と同じタイプの脳血流に最適化されてるっていう秀才型だったことを、逆説的に裏付けてしまってるんですよ)。

 これら新聞記事は当サイトが謳う自由思想の視角では問題ないものの、通のゲームフリークの皆さんは「あれ?」と思ったでしょうね。
 日本国内の家庭用ハード発売の歴史が1983年のファミリーコンピュータが始祖扱いになってたりとか。エポックの「カセットビジョン('80)」は?任天堂の「カラーテレビゲーム15('77)」は?当時の大ヒット商品のはずなんだけどな。

 因みに、『1970年代前半、米国でテレビゲームとも呼ばれた家庭用ゲーム機が米国で誕生』とあるのは、マグナボックス社が1972年に発売した「オデッセイ」のことでしょう。
 この機種の詳細は私も知らなかったのでウィキピディアで調べたところ、私の中の定説である
 “アーケードの始祖はアタリを興したノラン・ブッシュネルの手による「ポン('72)」「コンピュータ・スペース('71)」が元祖/ビデオゲームの発明は科学者ウィリー・ビギンボーサム博士が'58年に発明したオシロスコープ仕様のテニスゲーム”
 ……という、私の中の定説がくつがえりました。飛行機レーダー技術者ラルフ・ベアが終戦直後の'46年という早すぎる時代にオシロスコープでテニスで遊んでいた、というのは本当???
[PR]
by kitaharak | 2007-12-12 07:41
 やーやーやー、ありがたやありがたや。まだ完動品だけど捨てるつもりの電気ファンヒーターをヤフオクへ90円で出品したら、710円の値がついて無事落札。
 2回落ちずに3巡目に突入してたから、もう捨てようかと思ってたのに。やはり最後まであきらてはなりません。やれめだたや。

 ところで。

 先日、中日新聞の読者投稿欄【発言】のコーナーで、

 【子供の凶悪化 ゲーム一因】
 ……などという、もうさんざん語りつくされ、尚且つとっくに否定論が立証されてるヴェクトルの、ビデオゲーム叩きの投稿があって笑ってしまいましたが。

 『中学生や高校生による殺人事件が後を絶たない。子供が親を殺すなど、考えられないような凶悪な犯罪が起きている。』『ゲーム機の影響』『暴力シーンが多く、人を殺す場面も目立つ。こうした命を大切にしないゲームソフトが増えたことが、子供の犯罪が凶悪化した~云々』

 ……なんだそーです(笑)。

 容赦なくツッコミ入れちゃうと、

①【子供の凶悪化 少年犯罪増加】そんな事実、日本のどこにもアリマセン。

 統計では、若干の波はあるものの、少年犯罪は年々低減、安定しつつあります。
 少年犯罪データベースWikiに、とても分かり易い統計グラフが算出されています。こちらによると、未成年による強盗・殺人・強姦がもっとも多かったのは、昭和30年代・三丁目の夕日時代です。
 “未成年による殺人件数”にスポットをあてると、今より単純数だと8倍(448人→62人)、未成年人口比率だと5倍(2.55→0.48)。
 平成の深夜ゲーセン、夜中のネットカフェ、夜明けのコンビニなんかより、昭和時代の薄暗~い路地裏の方が、よっぽど怖いトコだったのよ。


②【ゲームが原因で子供が凶悪化】そんな統計も臨床結果も、一切出ていません。

 え~~家庭用テレビゲームの歴史のランドマークを辿ると、1975年にエポックが家庭用に発売した「テレビテニス」、任天堂'76年の「テレビゲーム15」、エポック社'81年の「カセットビジョン」、あとは'83年ファミリーコンピューター、'90年セガのメガドライブと任天堂スーパーファミコン、ソニーのプレステ……と時代が下ってくる訳ですが、少年凶悪期ピークの昭和30年代から40年代初頭にかけて、テレビゲームなんてもの、ご家庭にもアーケードにも一切ございませんっ。
 野球マシンとか競馬ゲームとかガンゲームとかピンボールとか、そういうヤツがデパートの屋上にあるくらいなのよね。
 それどころか、テレビゲームが普及して市民権を得れば得るほど、青少年の治安は安定化しています。先ほどのサイトの統計グラフ見れば一目瞭然。

 理由は簡単。やっぱり、手軽な娯楽や、一生懸命夢中になれるものが身近にある社会というのは、誰にとっても健全な暮らしが送れるものなのですな。個人個人の趣味嗜好が認められるのは大事なこと。


 ……で、この投稿を送ったの、【豊橋市 木下皓基 中学生15歳】とか書いてあるけど、親の偏った価値観や[体感治安][世論操作]に操られ、ありもしない影や幽霊におびえている……という訳でもないと思いますよ。

 採用されることをいかにも狙った、さぞ新聞編集側や世相が喜びそうな、白々しーい内容でピンと来ませんか。

 そう!コレ多分、偽名と詐称年齢ですよ(笑)。トシを中学生とか高校生とか、はたまた80の爺さんとかいつわって、掲載を狙う新聞投稿欄マニア!実はたっくさんいるんです。


 あーそうそう、投書の木下くん、コレを読みなさい。

『戦前の少年犯罪』!管賀 江留郎 (著)、築地書館発行。
 以下、内容紹介。

昭和2年、小学校で9歳の女の子が同級生殺害
昭和14年、14歳が幼女2人を殺してから死体レイプ
昭和17年、18歳が9人連続殺人
親殺し、祖父母殺しも続発!

現代より遥かに凶悪で不可解な心の闇を抱える、
恐るべき子どもたちの犯罪目録!

なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?
発掘された膨大な実証データによって
戦前の道徳崩壊の凄まじさがいま明らかにされる!
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに
妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!


(↓くだんの中日新聞、'07年11月9日朝刊 発言の掲載投稿より。まぁ以前からダメダメなコーナーなんだけどね)
c0147345_9183168.jpg

[PR]
by kitaharak | 2007-11-12 13:57
 “北原”は、現在8本ものホームページを運営中です。更新しようにも、もはや首が全然マワリマセン。あらあら。

 しかも、もうすぐ9本目のサイトが完成予定。やれやれ。

 そこで、時事ネタ・社会ネタをテーマとした新規サイトをポータル的な位置づけに据えて、そこを経由とした共通ブログをここにオープンすることにしました。

 そんな訳で、おメメ汚しに今後もお付き合いの程を、ドゾドゾよろしくナニトゾどーぞ。
[PR]
by kitaharak | 2007-11-11 18:48