日本では凶悪事件も少年犯罪も低減中。「有害情報」も「治安悪化」も全てウソ。だまされないで!


by kitaharak

SPA!の児ポ法改悪案一刀両断記事に快哉

 週間「SPA!」5/27号掲載の『異議アリ 国会提出直前![児童ポルノ法改正]恐怖のシナリオ』ですが、今期の児ポ法騒動の中では、規制推進派の狂奔を世に問う最良の記事となっています。

◇子どもを守るはずの法案が、国民すべてを容疑者にする!?
・定義が異なる各国の児童ポルノ
・公権力が恣意的に運用する可能性も!
・宮沢りえ「サンタフェ」所持は十分な逮捕用件に!
・海外では冤罪事件と理不尽な逮捕が横行
◇容疑をかけられないためには、人との接触を遮断して引きこもりになるしかない!?
・リビング共有PCで家族全員逮捕の危険
・被害者へのケアが欠けている法改正
◇有識者やアーティストも続々と反対を表明
・曖昧な基準だと自主規制だらけになる
・感情論に媚びる議員が多すぎるのが問題

 かの昼間たかしさんが先導だって執筆なさった記事で、民主党の吉田泉議員(ガンバレー!)、山口貴士弁護士も全面バックアップ、思わず快哉を叫ばずにはいられない、ファシズムな規制派へ大いなる反旗となったパブリシティですよ。来週には次号が出ちゃうので、お早めにお買い求め下さい。

 あーんど、カヤマンさんも啓蒙して下さってますが、扶桑社SPA編集部に「今回の記事は素晴らしい!」とか「興味深い!」とか「続報お願いします!」とか「アンビリーバボー!」とか「インクレーデボー!」とか、怒涛のグッジョブ声援を送ってください。手紙、はがき、ファックス、メール。なんでも!
 普段SPA読まないので分かりませんが、懸賞ハガキとかアンケートは無いようですね。声を送るのに一番手軽なのは公式サイトからのメール送信でしょうかね。兎にも角にも声はあげておかないと。

 他、同号では“業界別 なぜ今[再び規制強化]なのか?”という記事も興味深いです。
[PR]
by kitaharak | 2008-05-22 21:03 | 規制反対