日本では凶悪事件も少年犯罪も低減中。「有害情報」も「治安悪化」も全てウソ。だまされないで!


by kitaharak

半田の髪切り 中学生のうそ

 愛知県半田市で女子中学生が髪を切られたと届け出た事件は、半田署の調べで9日、虚偽申告であることが判明した。同署は軽犯罪法違反(虚偽申告)で近く家裁に書類を送る。
 同署によると、8日夜、中学生が両親らに付き添われ同署を訪れ、うそだったことを報告した。中学生は3日、母親から髪が長いと指摘され美容院へ行ったが、6日に髪を切りに行くことを友人と約束していたため、母親に内緒で同日、再び髪を切りに行った。思ったよりも短くなったため、美容院に行ったことがばれないようにうそをついたという。


(2008年5月9日 中日新聞夕刊より)

 『あの犯人死刑!こいつも死刑!みんな死刑!!!』
 ……そんな感じで、今の日本の庶民感覚では厳罰化が主流なのよね。
 おかげで、殺人も戦後最低記録を打ち立ててるくらいに現在の日本の治安は安定してるってのに、死刑判決は増大、懲役期間は倍増、刑務所はパンパンの満員御礼。浜井浩一さん今日もまいっちんぐ。

 そんな訳で、このふざけた女子中学生のクソガキも厳罰化に処さないとね。実刑5年くらいとか。そーでしょ?
 “あんなヤツ死刑当然!”とか、凶悪事件起きる度に、みんな喜んで叩いてるじゃない。だからこの中学生も重罪として服してもらわないと。

 つぼイノリオが朝のラジオで
 『この少女の心の傷を考えると、本当にいたたまれませんね』
 『後ろから人が近づいただけで、もう恐ろしくて仕方ないのではないでしょうか』
 と、やたら女子中学生に肩入れして彼女を慰める、世論迎合・フェミニズムなヒーロートークを展開。
 子どもを1人で外へ歩かせることができない、必ず送り迎えしないといけない世の中、だのなんだの。治安悪化・社会不安を煽る発言をひたすら繰り返していました。

 自作自演と判明した今回の報道に、どうレスポンスなさるか、わたくしめは誠に楽しみでございます。
[PR]
by kitaharak | 2008-05-10 01:30 | マスメディア