日本では凶悪事件も少年犯罪も低減中。「有害情報」も「治安悪化」も全てウソ。だまされないで!


by kitaharak

日本は児童ポルノ大国ではない~本当の統計とその数字

 今整理してアップロードしたい事柄が山積みでもう脳ミソ焼き切れそうなのですが、とりあえず今整えた資料をひとつ。

 児ポ規制派団体の日本ユニセフ協会が“日本の児童ポルノ犯罪がここ3年で急増!日本は児童ポルノ一大大国!”とあっちこっちで、もう町内中スピーカーフォンでワンワンわめきちらすような勢いとどでかい大声で吹聴して回ってますが、その根拠・論拠、元になったデータ・統計が、全然はっきりしていません。

 では、イタリアの児童保護団体《テレフォノ・アルコバレーノ》の統計を抽出してよくよく鑑みてみました。
― 児童ポルノサイト国籍別利用者数 ―

【2004年】
①アメリカ 32.71%
②ドイツ 5.72%
③ロシア 3.93%
④日本 3.59%
⑤フランス 2.52%
⑥イタリア 2.25%
⑦オランダ 1.94%
⑧スイス 1.57%
⑨ポーランド 1.55%
⑩イギリス 1.54%
⑪カナダ 1.26%
⑫ベルギー 1.19%
⑬ブラジル 1.16%
⑭オーストラリア 1.07%
⑮メキシコ 1.06%
⑯オーストリア 0.85%
⑰スウェーデン 0.77%
⑱デンマーク 0.59%
⑲スペイン 0.28%

……そして3年後。最新のデータです。
【2007年】
①アメリカ 22.82%
②ドイツ 14.57%
③ロシア 8.39%
④イギリス 7.02%
⑤イタリア 6.14%
⑥フランス 3.56%
⑦カナダ 3.16%
⑧スウェーデン 2.94%
⑨スペイン 2.05%
⑩日本 1.74%
⑪ポーランド 1.66%
⑫オランダ 1.65%
⑬オーストラリア 1.58%
⑭ブラジル 1.35%
⑮スイス 1.29%
⑯ベルギー 1.15%
⑰オーストリア 1.09%
⑱メキシコ 0.80%
⑱デンマーク 0.80%
⑳中国 0.15%

 ご覧の通り、ここ3年で日本の児童ポルノユーザーは半減していたことが判明しています。『それでも世界の児ポサイトの1.74%も日本が占めているのか』と思いましたが、これ、各国人口比率もネット普及率も考慮に入れていない数字なので、実質数日本はここ数年驚異的に低減している上、大変に児童保護の観点から優良な国ということになります。

 よって、日本ユニセフ協会及び規制派連中が、参照元や資料をはっきり示さずに“日本の児童ポルノ犯罪がここ3年で急増!日本は児童ポルノ一大大国!”と喧しくわめき続けている論調は、誠に信憑性が低く、ウソ同然の吹聴である、と断言します。
 児ポ単純所持処罰化を導入したイギリスとドイツが、たった3年でアメリカのパーセンテージを脅かすほどの大変な急増をみせていることも要注目ですよ。
[PR]
by kitaharak | 2008-03-17 11:02 | 規制反対