日本では凶悪事件も少年犯罪も低減中。「有害情報」も「治安悪化」も全てウソ。だまされないで!


by kitaharak

そろそろ休戦とお礼メールタイムかな、と思ってたのに

 東京都!自民!公明!創価!規制派がしつこいいいいいぃぃぃぃぃぃぃ!!!

「非実在青少年」は「描写された青少年」に 自公、修正案を都議会に提出へ

 東京都漫画弾圧条例問題も安全水域に入りつつあるので、尽力してくれた都議員さん、国会議員さんにはそろそろ御礼メールタイム…と思ってたらこのザマだよ!
 しかも、規制対象を
 『「非実在青少年」を「描写された青少年」に、また「青少年性的視覚描写物」を「青少年をみだりに性欲の対象として扱う図書類」に変更』
 だと。なめとんのかわれぃ。そういうの朝三暮四っつーんだろーが。単なる子供だまし、ていうかツブシが効くよう曖昧さに拍車がかかってるし。

 しかも、
 『自民幹部は「改正案の可決を求める署名がすでに5万人近く集まっている。議会で議論することが議員としての責務」としている。』ですって(怒)

 この5万人近く集めた署名、どうやって掻き集めたかというと、地域PTA、婦人団体、創価学会などの手勢を動員した、強引なご町内戸別訪問。
 同人用語の基礎知識の管理人さんのところにも押しかけてきたそうです。きもっ

 東京都にお住まいの方で、高圧的で不愉快な署名強要に遭った人・うその説明を受けて署名させられそうになった人は、急いで民主都議会、または規制反対派の都議員さんに実情を知らせてください。


 ところで先日、民主党・谷岡郁子参議院議員から、
 『3月16日の文教委員会および5月17日の集会で谷岡の発言に対してお便り・メールをありがとうございました』
 …という旨のお礼のメールを頂きました。
 例の東京都の条例にも児童ポルノ法改悪にも反対スタンスであることを、文面で改めて述べて下さってます。


 お送りしてきた陳情メールはもうワンパターンな内容になっていたので、今回は規制問題に粉骨砕身して下さったお礼も兼ねた内容にしてみました。

 『理不尽な表現規制に砕身して反対下さり、本当にありがとうございました。今後も私たちの表現や内心の自由を守ってくださる、民主党(or共産、生活者ネット、社民、etc.)を支援・投票させて頂きます』

 『朝三暮四な修正案を持ち出してきたり、上下関係の強要や条例案の悪質さを知らない人たちを騙して集めたような署名をふりかざす、卑劣な自民公明の詭弁には決して折れないよう、頑張って下さい。応援してます』

 『それと、“子供の安全が・子供の養育費が!老人福祉老人福祉!”なんて凡庸な福祉政策はもうたくさんです。そのせいで20代・30代にの若者の雇用悪化にしわよせが来ています。子供を作れない、老人たちを支えられない、若者の貧困問題の打破こそ、こんにち求められている重要な課題です。菅首相は“恋愛したり絵を描いたりする個人の趣味に政治を使うな、貧困と戦争の撲滅に為政者として立ち向かえ”という趣旨の堂々たる声明をしました。全くその通りだと思います』

 こんな感じでえぇんじゃないかと。

 因みに今回の送信はこういうシンポジウムに出席してくれた議員さんとか、署名紹介議員の福士敬子サンあたり。共産の吉田信夫サン、メルアド公表してくれ。

 れんほうさんの公式サイト、今、なんか重いね~~。メールフォームから送れたかどうか分かんないや。

 まだまだ油断は禁物。出来る限りのことはしておきましょう。



〓本日のぬこ動画。〓 

蛇口で頭洗い猫
[PR]
by kitaharak | 2010-06-09 13:47 | 規制反対