日本では凶悪事件も少年犯罪も低減中。「有害情報」も「治安悪化」も全てウソ。だまされないで!


by kitaharak

インターネット検閲反対パブコメにご協力ください

「児童ポルノ掲載アドレスリスト作成管理団体運用ガイドライン(案)」に対する意見の募集について

 これは一体何かと言うと、児童ポルノ撲滅という美名を装ってはいますが、その実態はかなりおためごかし且つ国家検閲がまかりとおる、非常に危険な草案なのです。

 草案の要点をまとめると……

●言論統制できる国家検閲ブロッキング団体を税金でたちあげさせろ
●ネット上の情報を一発で抹殺できる強権をよこせ。国民の自由な発言は許さん
●そういう大きな刀をふりまわせる機関を作らせ、今後大量退職する団塊世代警察官をズルズル天下りさせろ
●ブロックされたサイトがなんだったのかは、統計の数字以外公表せんぞ。
●宗教団体やクレーマーの通報で普通の成人女性のアダルトサイトがブロックされようが、児ポとは無関係の合法サイトがリスト載ろうが、2ちゃんやニコ動が一切開けなくなろうが知ったことか。
●海外のブロッキング事例では9割がた無関係の合法サイトばかり濡れ衣でブロックされて機能不全起こしている事実なんかどうでもいい。とにかくネット弾圧できる強権をよこせ!

 そういうことなんです。

 児童ポルノ撲滅、虐待画像の回収、などとおためごかしな美名を騙っていますが、既に児ポコンテンツの配信は法規制され、海外の調査によると日本の児ポサイトは年々減少しています。
 にもかかわらず、警察のきまぐれ指針によりサイト摘発数はやたら増加。現行法で十分過ぎるほど機能しているのです。

 他にもこの草案や口上においては目に余る文節があちこちに。

・「サイトには依然として多数の児童ポルノが容易に閲覧できる状態」(←根拠も数字も何も出していない)
・「画像の放置は被害児童を一生傷つける」(←内面的フラストレーションの問題と現実問題を混同、しかも現行法で対応可能)
・「児童を性欲の対象としてとらえる風潮」(←じゃあセラムンもエヴァもメルモちゃんも禁止すれば性犯罪はなくなるってのか)

 等々、鼻持ちならぬ印象操作が、それはもう連綿と。冷静に考えればどれもブロッキング強行論とはあまり関係がないというのが壮絶。

 だのに、即断でサイトをつぶせるブロッキング権力などという大きな刀を欲しがるのは、冒頭で挙げた利権と言論統制が全ての目的。絶対にこの案を通してはなりません。

 端的に言うと、2ちゃんやニコ動が、役人の強権や宗教団体オバハンのクレーム1発により、日本のどこからも開けなくなる。そんな日が襲来しようとしているのです。

 締め切りは1月28日。皆様の力が必用です。どうかご協力を宜しくお願い申し上げます。

 以前にも東京都漫画弾圧条例、ネットカフェ警察みかじめ案が出たときも、大量に突きつけられた反対パブコメが奏功し、規制派の足並みを後退させました。私たちが声を届けることは決して無駄ではないのです。

パブコメ送り先アドレス⇒public_2010@iajapan.org

【他、参考にすべきサイト】

皆様ブロッキングについての反対するパブコメの協力にお願いいたします (from:チラシの裏3周目さん)
第211回:児童ポルノ流通防止協議会「児童ポルノ掲載アドレスリスト作成管理団体運用ガイドライン(案)」に対する意見募集(1月28日〆切)への提出パブコメ(from:無名の一知財政策ウォッチャーの独言さん)
「児童ポルノ掲載アドレスリスト作成管理団体運用ガイドライン(案)」に対する意見の募集(from:表現規制について少しだけ考えてみる(仮)さん)



〓本日のぬこ動画。〓

 あまりに可愛すぎて萌え死ぬ、と一時期大騒動になった「こちょこちょぱーなぬこ」を、フォロワー投稿者の動画も含めて小特集。

オリジナル「こちょこちょぱー」
他の仔猫でもやってみたよ「こちょこちょぱー」
ハイテンション飼い主に猫が迷惑そうな「こちょこちょぱー」
痛すぎて萎え死ぬ「こちょこちょぱー」
これで猫コスプレのつもりらしい激痛「こちょこちょぱー」
[PR]
by kitaharak | 2010-01-22 08:23 | 規制反対