日本では凶悪事件も少年犯罪も低減中。「有害情報」も「治安悪化」も全てウソ。だまされないで!


by kitaharak

パブコメ!まずはこの2本。役人が利権拡大を目論んでます。

インターネットカフェ等の対策に関する意見募集について(2009年12月11日締め切り)
 警察庁が都内ネットカフェ全店に対し、身分証提示による本人確認とその保存を義務付ける他、パチンコや風俗店と同じく公安の許可制度下に敷こうとしています。
意見送信先メールフォーム
 以下は当方の送信コメント。もちろんオリジナルですよん。

 全面的に反対申し上げる。

 [本人確認義務]にせよ、[利用記録等の作成・保存義務]にせよ、利用者・営業者側に理不尽な負担を強いる警視庁側のおごった強権思想はお断り。

 営業側は対応システム導入により値上げをを余儀なくされる上、運転免許証も健康保険証も無いネットカフェ難民の利用は困難を極める。

 駆け込み寺の役割をしているネットカフェは機能停止し、路上生活者の増加は避けられない。社会的弱者の立場をまったく考えていない、役人による上から目線の高圧的発案としか思えない。

 本来、ネットカフェは犯罪の温床などではなく、住まいに困窮する難民はもちろん、未成年や女性にとっても安全な避難場所として認定すべき施設。己の怠慢や至らぬ操作能力を棚に上げて犯罪不検挙の矛先を無辜な国民に差し向け、ネットカフェ利用者・営業者への厳罰化に腐心する警察庁の浅ましさには失望するばかり。

 [届出]、[監督]の項目に関しても断固反対。要するに、風俗店やパチンコ店と同じく公安の許可制を強いる警察利権の餌食にしたい醜い腹づもりがみえみえ。国民をなめないで頂きたい。

 弱者いじめと警察利権拡大のおためごかし。絶対に反対。


「新たな人身取引対策行動計画(仮称)」(案)に対する意見の募集(パブリックコメント)について(締め切り2009年12月3日)
 これは前々回もお伝えしたヤツです。メルアドリンク貼っておきます。
意見送り先内閣官房メールアドレス

●項目2の「人身取引の撲滅」について

 売春事犯の取り締まりについては、売った側が中高生の場合も、未成年の本人はもちろん、保護者・親族へのを罰則を設けるべきである。未成年の売春側になんのお咎めもない現状に問題有り。
 援助交際の誘惑に負けた愚かな大人を逮捕し続けるばかりでは、何の解決にもならない。
 その少女が家庭での愛情に恵まれていれば、「もう家にいたくない」「居場所がない」「家出の援助して」などと、自ら心身を売りに彷徨い出るはずがない。全ては荒む家庭に原因がある。買春側はただの末端である。

 調子に乗って売春を繰り返し、同じ警官が同じ少女に向かって「売春するな」と週3回も同じ注意している、という現場のあきれる現状を鑑みるべき。全ての禍根は家庭と本人にある。

 膿を取ることをばかり腐心するのではなく、病巣そのものにメスを入れろ!


●同じく項目2の「児童の性的搾取に対する厳正な対応」について

 児童ポルノ法に関しては、[単純所持処罰化]及び[漫画・ゲーム・アニメの対象化]をもくろみ、権力側がフリーハンド警察権拡大をせしめる腹づもりが伺えるが、この動きに関しては、国民としても言論者としても断固たる態度で絶対的に反対の意思を示す。

 2点とも、欧米・海外で導入したところ、どの国においても、児童保護・児童虐待撲滅には、何の効果も上がっていない。むしろ逆効果の統計が、数字にくっきり現れている。
 画像データやCD1枚、紙切れ1枚が麻薬や拳銃と同じ扱いとなる児ポ単純所持処罰化が導入されたとして、もしウイルスで大量に児童ポルノが不特定多数に数万とばらまかれたらどうなるのか。無邪気な高校生カップルが互いの裸をケータイで撮り合ったらどうなるのか。昔のアルバムやホームビデオで子供の着替えや風呂のすっぱだかが映っていたらどうするのか。古いティーンのグラビアが押入れからでてきたらどうなるのか。
 いづれも、児童虐待とは何の関係もない、何の事件性もないケースであるにもかかわらず、大人数の無辜の国民が容疑者に仕立てられてしまう。

 この21世紀に日本で焚書騒ぎ。愚かしいにも程がある!

 現実では児童保護に何の効果もない上に、極めて危険なデメリットしかない。これでは全く治癒効果のない劇薬を莫大な値段で買い付け、峻烈な副作用で患者を苦しませるようなものである。

 漫画・アニメ・ゲームを児童ポルノ扱いするなど、もはや論外の愚策。漫画を禁止すれば児童への性犯罪や未成年の性犯罪が減る、などと根拠も統計もゼロ。理論の飛躍どころか嘘八百の出鱈目も甚だしい。
 むしろ漫画やアニメ表現、特に性表現の自由が発達している時代、成熟している国ほど、性犯罪が激減しゆく点に着目するべき。

 一方的な感情論、宗教めいた価値観に基づいた流言妄言を鵜呑みにし、表現規制案を飲むなど愚の骨頂。子供を守るはずが、いつのまにか漫画表現を禁止する論調にすりかわっている異様過ぎる狂信論は、政策から今すぐ排除すべし。




〓本日のぬこ動画。〓

双頭の猫
 ……でも本猫(ほんにゃん)も母猫も飼い主も気にしてない。前向き前向き。フツーにかわいいし。
[PR]
by kitaharak | 2009-12-01 06:24 | 規制反対