日本では凶悪事件も少年犯罪も低減中。「有害情報」も「治安悪化」も全てウソ。だまされないで!


by kitaharak

だからテレビ新聞など信用するなと。

『ミツバチが消えた!養蜂ピンチ!ハチミツが危ない!』

 ……と深刻なおももちで危機感をあおる、蜜蜂失踪報道。これ全部ウソですから

 事情を駆け足で説明すると、

①現在日本の養蜂場において、ハチは国内産ではなく、オーストラリアなどから「セイヨウオオマルハナバチ」という危険な外来種を輸入している

②在来のミツバチの受粉でも問題ないのに、JA管轄団体が外来輸入で暴利をむさぼっている

③しかし、輸入したオオマルハチによって国内在来種ミツバチが駆逐された上、花の結実率および種子数は低下、外来のダニの媒介、ノゼマ病の蔓延など、深刻な環境被害をもたらした。ハチミツの生産のみならず野菜・果物の生産にも影響。

④環境省は駆除に数十億円の予算を我々国民の血税から導入

⑤そのため、特定外来生物法によって今年の9月30日よりオオマルハチが使えなくなるはずだった。

⑥ところがJAの団体と農林水産省が、この荒稼ぎを続けるために懐柔するマスコミに「ハチが消えた!養蜂が危ない!アメリカでは謎に満ちたミツバチの失踪、いよいよ日本でも!」と嘘八百の出鱈目報道を垂れ流させた

⑦目論見どおり、オオマルハチの輸入禁止措置は延期。JA高笑い

⑧JAはさらなる巨額の暴利をもくろみ、アルゼンチンの殺人ミツバチ輸入も企んでいる。

 先日中日新聞で、まだ「ハチが消えた!」などというウソ報道が掲載されているのを見て愕然としたので、得意なジャンルでないのですが取上げてみました。拡散推奨。

【参考サイト】
【記事】 甘い蜜を沢山すっているのは誰??? (from:billabongさん)
日本からミツバチが消えたというのは捏造である(from:トニー四角の穴を掘って叫ブログさん)
日本からミツバチが消えた というのは欺瞞(from:誠天調書さん)


〓本日のぬこ動画。〓

ねぇー遊んでってば~
[PR]
by kitaharak | 2009-09-13 06:53 | マスメディア