日本では凶悪事件も少年犯罪も低減中。「有害情報」も「治安悪化」も全てウソ。だまされないで!


by kitaharak

放火、暴力……野田聖子メモ

 野田聖子 落選すれば タダのBaBaAhhh~~♪……と歓喜に浸るのもつかの間、比例復活当選。あぁ胸糞わる。臍をかむ思い。

 せっかくなので野田関連のメモでも。

Re 野田聖子はガキの頃から筋金入りのワル(from:★阿修羅♪さん)

野田聖子が、田園調布雙葉高校時代に行ったイジメの悪質さは言語を絶するものだった。
イジメの一つに 「 茶巾寿司 」 と呼ばれるものがある。
女生徒のスカートを捲り上げ、頭のてっぺんで結ぶ形が、茶巾寿司に似ていることから名付けられたイジメの名称である。

野田聖子の気に障った学園生は、ことごとく茶巾寿司の対象にされる。
中には、その形にしておきながら、パンティをづり下げるという惨いイジメもあったという。
それはイジメと言うより私刑と呼ぶべきものだったのである。

小学から高校まで一貫教育の田園調布雙葉学園。
世に言うところの、お嬢様校なのである。
そのお嬢様校に、スケ番として君臨したのが野田聖子。
手下を引き連れ、乱暴狼藉のし放題だったのである。
余りの非道ぶりに、多くの同級生が精神障害に陥り、田園調布雙葉学園開園以来の大問題に発展する。

しかしながら、野田聖子は尻尾を掴ませない。
リンチの殆どを、手下であるスケ番補佐たちにやらせたからである。

が、学園サイドもイジメ問題の真犯人、黒幕が野田聖子であることを把握する。
その上で、校則で禁止されているバイク免許を取得した情報を入手した。
その校則違反を理由に、田園調布雙葉学園から追放したのである。
田園調布雙葉学園の空前にして絶後と言える、お嬢様追放劇の一端である。

現在、イジメによる自殺者が多発しているが、田園調布雙葉学園が野田聖子を放置していたら、間違いなく自殺者が出た。
事態はそれほど深刻だったのである。

衆議院議員、野田卯一の縁戚にも関わらず、野田聖子 (当時名 : 島聖子 ) を追放した学園の決定。 その毅然とした姿勢が、犠牲者を出さずに済ませたのである。
(中略)
また、野田聖子のイジメ体質が、完治しているかと言えばそうでもなさそうだ。
野田と敵対する、佐藤ゆかり陣営の市議宅に動物の死骸が投げ込まれたという。
動物の死骸とは、ポリ袋に入った蛇の死骸らしいのだが、こういうことを野田聖子ならやるだろうな・・・その様な確信を持たせる過去の行状なのである。


なぜかまったく報じられない「アムウェイ擁護大臣」にして「マンナン殺し」のフンガーの闇。(from:ぬぬぬ?さん)
(前略)
 「週刊現代」11月15日号が報じた、野田聖子消費者行政担当大臣の地元事務所を襲った放火事件の真相野田氏サイドが仕掛けた自作自演の可能性を指摘したこの記事の情報源であり、放火事件に関連する事件に自ら関わったとされる人物がつい先ごろ、死亡していたのだ。
「この人物は地元岐阜県で活動してきた右翼関係者です。野田氏の影の支援者として知られていました。この人物が亡くなったことで、もはや事件の真相について口を開く人はいなくなってしまったんです」(地元政界関係者)
 この放火事件のあらましを振り返っておく。2007年8月10日午前3時すぎ、岐阜市内のビル1階に入居している野田氏の地元事務所から煙が出ているところを警察官が発見。30分で火は消し止められたが、事務所内に置かれていた経理担当者の机だけがなぜか激しく焼け、ノートパソコン3台と防犯ビデオがなくなっていた。事務所は当時、無人。金庫に入っていた現金数十万円も手付かずのままだった。
「当時、野田聖子と佐藤ゆかりが岐阜1区の公認争いで全国ニュースになっていました。そんなさなか、放火事件が起き、しかも佐藤ゆかりを中傷するビラがまかれたものですから、地元は騒然となったんです」(同)
 あまりにもスキャンダラスな事件だけに、なかなか犯人は挙がらず、捜査に当たった岐阜県警は泥沼にはまったかのようにみえた。ところが、捜査は核心に突き進んでいたことを「週刊現代」の記者たちが岐阜入りし、報じたのだ。前出の政界関係者が内幕を語る。
「週刊現代が報じたように、岐阜県警は野田事務所の秘書たちが放火を自作自演したとにらみ、公設秘書の自宅をひそかに家宅捜索していたんです。この秘書に頼まれ、佐藤ゆかりの中傷ビラをまいて捜査をかく乱したのが、地元の右翼関係者。その人物が県警に自供したため、ついに真相が明らかになると期待されていたんです。しかし、県警は政界の反響を恐れてなかなか踏み出せず、地元のマスコミもイライラしていましたから、週刊現代に記事が出たことで捜査はオープンになり、さぁ、これから踏み出すぞというところまで来ていたんです」
 気になる右翼関係者の死亡理由だが、「どうやら、病死らしい」という情報が本誌に届いている。ひとたび事件化すれば現職閣僚の辞任は必至で、麻生内閣も崩壊するのは目に見えている。渦中の人物の死は、いったい何を意味するのだろうか。

(後略)


〓本日のぬこ動画。〓

カオスな子育て その1~ママが逆ですよ
カオスな子育て その2~みんながママですから
カオスな子育て その3~継母だけど子育て
[PR]
by kitaharak | 2009-08-31 10:41 | 投票してはいけない議員