日本では凶悪事件も少年犯罪も低減中。「有害情報」も「治安悪化」も全てウソ。だまされないで!


by kitaharak

野田聖子と日本ユニセフと蒟蒻ゼリーと

 メモ代わり転記です。

693 名前:名無しさん@初回限定[sage] 投稿日:2009/07/11(土) 02:43:28 ID:bFfSeLxh0
>>685
野田は、豊富な資金源が強みなんだよね。
なんのかんのいっても、集金能力が高い政治家が強いのが永田町の仕組み。

野田の場合は、日本ユニセフ協会の東郷副会長ってのがバックにいて、野田は東郷に認定NPOの便宜(寄付金が税控除される)を図ると共に、自身のNPOも立てて、医師会、看護婦会を理事に引き入れて、集金システムを確立した。
当時、認定NPOの数は野田の”ひまわりの会”を含めて、わずか8。
表向きは広く受け付けていても、議員などの根回しがないと、認定NPOにはならない構造があって、現在もそんなに変わってないので、95団体しか認定されてない。

で、野田が東郷のツテ(医師会や看護婦会)のNPO”ひまわりの会”を立ち上げたときに大学の後輩のアグネス・チャンを東郷に紹介し、東郷はアグネスを親善大使に取り込んでいったんだわ。

で、この仕組みを作ったのは、当時母親から引き継いで日本ユニセフ協会の理事になっていた橋本龍太郎。
特定非営利活動促進法(NPO法)は、橋本内閣が作った仕組み(実際の成立は倒閣後)で、これによって、現在のような法人やお金持ちのところに、日本ユニセフ協会の節税担当が
出向いて税金控除の仕組みを説明して、寄付金を貰ってペイバックできる仕組みを作った。
(NPO法以前の日本ユニセフの寄付金25億>施行後、週刊誌などで話題になった2001年で100億オーバー、現在は170億円)

つまり、橋本の集金システムの遺産を受け継いだのが野田ってことで、この急成長時に活動費の経費計上が必要になって、水増しのために選ばれたネタが児童ポルノ法。
児童ポルノ法は1997年12月に日本ユニセフ内で考えられ、1998年からロビー活動し、1999年に成立していて、日本ユニセフ協会の急成長の土台(新しい組織の表の顔)を作った
切っても切り離せないネタになっているので、野田はそこがらみで、異常に規制に燃えるんだよ。野田の政治資金の源泉だからね。

まあ、日本ユニセフ協会の自社ビル落成時(2001年)に騒がれた話なんで、結構みんな忘れてるよね。


地元の「蒟蒻効果」からの政治献金の有無は(from:みんなの議員評価)

 野田聖子さん、あなたがマンナンライフの蒟蒻畑を不当圧力を使って発売停止にさせた時に、
あなたの地元・岐阜県から発売されている蒟蒻畑と同じ 種類の蒟蒻ゼリー「蒟蒻効果」という
商品が大量に売られ、かなりの売り上げを上げたと言われています。ここで、野田さんにおたずねしたい。「蒟蒻効果」のメーカーから政治献金は受けているのでしょうか。受けていれば、
大きな問題がありますよね。まさに、検察が動くべき問題が。あなたのホームページで答えて
ください。



〓本日のぬこ動画。〓

待て!やるから待て!
[PR]
by kitaharak | 2009-07-11 08:26 | 規制反対