日本では凶悪事件も少年犯罪も低減中。「有害情報」も「治安悪化」も全てウソ。だまされないで!


by kitaharak

著作権ヤクザ連中が推し進める「ネットしたら逮捕」法

 著作権ヤクザ……もとい、文化庁と利権団体が推し進める【ダウンロード違法化】が時期国会提出が決ってしまいました

 これは何かつーと、音楽にしろ動画にしろゲームにしろソフトウェアにしろ、画像1枚こっきりだって、違法サイト開けちゃったらお前逮捕!というもの。
(※分かり易いよう虚実皮膜してます。著作権問題ってややこしいですからね)

 これ当然国民から猛反対くらったものの、全部無視して強引に通されることになったんです。

 違法コピーとかアップロードしてるヤツを現行で取り締まればいいはずが、プロバイダ通したり解析したりする作業が煩雑な上、相手の方が賢くてすぐ逃げられてしまう。だから消費者全員に矛先を向けよう。らくちんらくちん、儲かる儲かる。そういう話。

 これが可決されると、例えば、違法着うたダウンロードサイトとか利用していた大勢の中高生に、第3者機関とレコード会社から、ある日突然、違法分の代金支払い請求が来ます。
 『いやなら裁判で訴えるからそのつもりで。』
 確実に消費者から搾り取れる打ち出の小槌です。だから連中は私利私欲のために嫌でも通そうとしている訳です。尚、違法アップロード者は捕まらずのうのうと過ごすまま。

 もっと壮絶な例を挙げると、白黒の真意にかかわらず、あなたがもし海賊サイトから映画をダウンロードして保存してる疑いがかけられれば、突然家宅捜索入ってパソコンのハードディスクを問答無用で持ってかれます。家族や恋人のアラレもないデジカメ写真やプライヴェートムービーも、全部しらみつぶしにしげしげ精査されます。
 JASRACやレコード会社のみならず、TV局や政府、警察に目を付けられれば、いつなんどきこのような罠がしかけられるか分からない。安心してネットなどで出来る世の中ではなくなります。

 文化庁が意見募集してます。抗議文書送っとかないと、“反対意見なんか全然こなかったね”とそれを材料にふんぞりはじめるので、声をあげておく必要が有り(何度繰り返せば気が済むんだか……)。

文化審議会著作権分科会「法制問題小委員会平成20年度・中間まとめ」に関する意見募集の実施について
※締め切り11月10日。なんと来週の月曜日。(えー

=参考サイト=

表現規制に関連してきそうなパブコメ情報その2/from:表現の数だけ人生が在るさん
第119回:文化庁・著作権分科会・法制問題小委員会の中間まとめと過去の著作物等の保護と利用に関する小委員会の中間整理に対する意見募集の開始/from:無名の一知財政策ウォッチャーの独言さん
ダウンロード違法化で激増する「振り込み詐欺」/from:誠天調書さん
何が選挙の争点なのかを決めるのは,私たち主権者たる国民である。/from:benliさん
ダウンロード違法化がほぼ決まったけど何か質問ある?/from:日日俺酔狂さん
[PR]
by kitaharak | 2008-11-06 07:18 | 規制反対